仮想通貨取引所

5分でわかる、ビットバンク(bitbank)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで開設!

この記事ではビットバンクの開設方法を画像付きで丁寧に解説していきます。

そもそも、他の有名な国内取引所との違いや特徴はどのような部分かといった部分から説明していきます。

■bitbank cc(ビットバンク)とは?

まずは、bitbank(ビットバンク)の取扱通貨、取引の種類、手数料、どんな方にとってオススメの取引所なのかを見ていきましょう♪

■bitbank cc(ビットバンク)の取扱通貨一覧

ビットバンクの取扱通貨は全部で6種類です。

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)

ビットコインキャッシュは業者によって「BTC」or「BCC」の表記で異なりますが、どちらの表記でも意味は同じです。

■bitbank cc(ビットバンク)の取引の種類

ビットバンクの取引種は現物取引のみです。

・現物取引(8ペア)

ビットバンクは全部で6種類の通貨に対応していますが、取引においてはBCCクロスで「BCC/JPY」と「BCC/BTC」が用意されています。また、BTCクロスでリップルやライトコインを取引できるので、ビットコインを保有している方がその通貨を使ってアルトコインをトレードしたい場合などに便利ですね。

■bitbank cc(ビットバンク)の手数料

ビットバンクの現物取引手数料は無料です。

・Maker手数料:0%
・Taker手数料:0%

キャンペーンとしてすべての通貨ペアで取引手数料が無料となっているので、デイトレードを繰り返したい方などにとっては非常に魅力的です。

日本円の入出金手数料は以下となっています。

・銀行振込:無料
・出金:540円・3万円以上756円

■bitbank cc(ビットバンク)はどんな人にオススメ?

ビットバンクは取引所のみで構成されており、他社のように販売所が逆にありません。また、取引ツールも完備されていることから、FXを頭にイメージしたときの操作性やビジョンがそのまま反映されているので、従来の日経先物やFXなどの経験を持っている方は非常に入りやすい取引所だと思います。

上級者向けにテクニカル分析ツールも備わっているので、初心者から上級者まで幅広くオススメできる取引所と言えます。

また、BTCクロスのペアを取引することもできるので、コインチェックなどでビットコインを保有しているなら、サブ口座として抑えておけば実用性は非常に高いです。

bitbank cc(ビットバンク)の登録方法を解説!

それではここまで簡単にではありますがbitbank(ビットバンク)について触れてきましたので、いよいよ登録方法の説明に移っていきたいと思います。

まずはこちらよりbitbank(ビットバンク)の公式ホームページへと進んでください。

最初に以下の画面が出てきますので登録するメールアドレスを入力して「新規登録」をクリックします。

すると登録したメールアドレスにbitbank(ビットバンク)より以下のメールが届きますので、URLをクリックして次に進んでください。

URLをクリックすると以下の画面に飛びますので、

1.任意のパスワードを入力

2.パスワードをもう一度入力

3.3つのチェック欄にチェックを入れる

4.「登録」をクリック

の順番に進んでください。

これでひとまずログインは可能となりました。

ログインすると最初に以下のような「基本情報の登録」画面が出てきますので、一つずつ記入していき最後に「次に進む」をクリックします。

仮に違う画面に飛んでしまっても「アカウント」の「登録情報」からこちらの登録画面に行くことができます♪

続けて簡単な登録情報が以下の画面のように表示されますので、それぞれ入力して「確認」をクリックしてください。

次の画面で最終確認画面が出て、「本人確認書類のアップロード」に進みます。

以下の画面が表示されますので以下の4つの本人確認書類の中から1種類を選んでアップロードしてください。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

上記の身分証明証の表面と裏面(スマートフォンで撮影したもので問題ありません)をそれぞれアップロードして完了となります。

身分証明証の認証には1~2営業日ほどかかります。

続いては二段階認証の設定方法を解説していきます!

■二段階認証の設定方法

ここまででとりあえずログインができる状態にはなりましたが、仮想通貨取引をする上で欠かせない二段階認証の設定方法を次から解説していきます。

二段階認証の設定は「アカウント」の「セキュリティ」から行います。

以下のような画面が出てきますので「設定」を選択してください。

すると以下のような画面が出てきますのでスマートフォン向けアプリ「Google Authenticator」で表示されたQRコードを読み込んでください。

「Google Authenticator」はこちらのアプリです↓

*バックアップからアプリをリストアしても引き継げないため、端末を変える場合は気をつけましょう。

対処法としては、複数の端末で読み取るか二段階認証の設定に必要なQRコードやキーを保存しておくなりの準備をしておきましょう。

アプリ内に表示された6桁のコード入力すれば二段階認証の設定は完了となります。

これで二段階認証の設定は終了となります。

実際の取引へと進んでみましょう♪

■まとめ

ビットバンクの取引所の解説、登録方法はいかがでしたでしょうか?

ビットバンクはキャンペーンで手数料が無料、さらに取引ツール完備からまさにFX感覚で仮想通貨をトレードすることができます。人によってはTOP3で紹介した大御所よりも、こちらの方が圧倒的に使いやすい可能性もあるのでチェックしておいて損はありません。

サイトの作りもシンプルで使いやすいので、初心者から上級者まで幅広くオススメできる取引所と言えますね♪

■合わせてチェックしたい取引所

Coincheckの登録方法

5分でわかる、コインチェック(coincheck)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで解説!

Zaifの登録方法

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

Bitflyerの登録方法

【画像付きで解説!】ビットフライヤー(bitFlyer)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証の方法を解説!

BINANCEの登録方法

【2018年最新版】5分でわかる、BINANCE(バイナンス)の開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・出金制限の解除方法まで解説!

5分でわかる、GMOコイン開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで開設!

この記事では日本のネット企業大手「GMOインターネットグループ」の傘下である「GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨販売所「GMOコイン」の登録方法から二段階認証の設定方法、実際に仮想通貨の購入方法までを順を追って丁寧に説明していきます。

既にCoincheckZaifに登録している人でも、手数料やセキュリティ面、取り扱い通貨などによって複数の取引所の開設がオススメなので、この機会に是非GMOコインも開設しておきましょうね♪

『GMOコイン』を登録する前に

GMOコインの特徴を理解し、なぜGMOコインを開設した方がいいのか理解した上で、登録方法を見ていただくとスムーズに投資を始めることができます。

■取引所と販売所の違い

まず、GMOコインは「取引所」ではなく「販売所と言うことを理解しましょう。「取引所」と「販売所」は何が異なるのでしょうか?

(出典:GMOコイン)

上記の図はGMOコインから出店させていただいたものです。仮想通貨を扱っているところから買うのが 「販売所」 です。他のユーザーから買う場所が 「取引所」 です。取引所ではユーザー同士が注文を出し合いますが、販売所では会社との取引になるのです。

取引所では、一番安い価格で売りに出されている数量は常に変動しています。そのため買い注文と売り注文が表示されている「板」に表示されている最も安い価格を見て買いの成行注文をした場合に、実際に約定した価格が想定よりも高い価格となってしまうことがあります。

一方、販売所では数量にかかわらず、提示された価格で約定されるため、想定通りの価格で売買が成立します。そのため、一概には言えませんが販売所の方が安い価格ですぐに取引することが可能になります。

■GMOコインが選ばれる理由

使いやすさを重視して設計されている

GMOコインの強みは使いやすさを重視して設計された画面にあります。海外取引所なども活用して仮想通貨投資を行われる方もいらっしゃいますが、「英語での取引はムズカシイ」などということがあります。しかし、GMOコインでは日本語での取引はもちろん、使いやすい画面設計が強みになります。

即日入金可能かつ入金手数料が無料

また、即時入金可能かつ入金手数料も無料です。(利便性を重視し、即時入金の手数料をGMOが負担しているそうです。)

最短1日で取引開始が可能!

また、口座開設手続きから審査・書類発送、取引開始までが最短で翌日に可能となるのも大きな利点です。審査完了の翌営業日には書類発送がされるため、最短でお申込の翌営業日からお取引の開始が可能だそうです。本記事で口座の開設の仕方を見ながら開設して頂ければ最短で明日には取引が可能となります。

■『GMOコイン』登録に必要なもの

GMOコインの登録に必要なものは以下の3点だけです。

  • 登録時に使用するメールアドレス
  • GMOコイン用のパスワード
  • 身分証明書(運転免許証・パスポート等)

これらが準備できる状態になったら、以下で説明する実際の登録方法へと進んでください♪

『GMOコイン』の登録方法(アカウントの作成)

■アカウントの作成

それでは、実際のGMOコインの登録方法(アカウント作成)をキャプチャ画面を用いながら説明していきます。

色々と複雑そうだなぁと感じるかと思いますが、実際は非常にシンプルで簡単なので最後まで見てみてくださいね♪

まずはこちらよりGMOコイン公式の登録画面へと進んでください。

✓バナー

最初に以下の画面が表示されると思いますので、

まずは「無料口座開設」ボタンを押します。

すると、以下の画面に進みます。

①登録用のメールアドレスを入力します。

※ロボット認証もお忘れずに!

②次に「無料口座開設」をタップすると登録用に入力したアドレスに確認メールが届きます。

*または、FacebookもしくはGoogle+でも登録することができます。

パスワード設定に進む

確認メールに記載されたメールの指示に従いリンクをクリックすると、以下のパスワード設定の画面に進みます。

パスワードを入力して頂き、「設定する」ボタンを押すとパスワードの設定が完了いたします。

ログインする

登録したメールアドレスとパスワードでログインをしましょう!

※FacebookもしくはGoogle+で登録された方は指定のボタンからログインしましょう。

 

詳細情報を登録する

最初にログインすると以下のような画面に行きます。

続いて取引を介するために「口座を解説する」ボタンを押しましょう!

※先程の登録はGMOコインへのログインの登録のため、取引を開始するためには詳細情報を登録する必要があります。

 

詳細情報を入力しましょう。入力が完了すると本人確認の画面に進みます。

本人確認をする

取引を行うためには本人確認も必要になります、少しめんどくさいですが笑 頑張りましょう!

口座開設手続きの完了

本人確認が終了すると以下の画面に進みます。審査が終了すると口座開設番号が発行されるので、発行された口座開設番号を入力すると口座開設手続きが終了します。

■二段階認証の設定

口座開設申込完了後、GMOコインから郵送で確認書類がご登録のご住所に届きます。開封していただくと口座開設コードが記載されているので、GMOコインのログイン画面でそちらに記載されている番号を入力しましょう。入力が完了すると、ログインすることができます。

 

そして、二段階認証の設定に進みます。二段階認証とはセキュリティを高めるために行うものです。電話番号での認証や、Google Authenticatorを使えば簡単にできるので済ませましょう。Google Authenticatorでの設定方法は以下で解説いたします。二弾か認証が済むと取引を解することが可能になります。

 

①QRコードが表示されているのでスマホアプリ「Google Authenticator」で読み込みます。

*ここでは「Google Authenticator」(以下の写真のアプリです。)で説明します。

*携帯を紛失したり、端末を帰る際はバックアップからアプリをリストアしても引き継げないため、気をつけましょう。

対処法としては、複数の端末で読み取るか二段階認証の設定に必要なQRコードやアカウントキー(上記写真の緑枠の部分)を保存しておくなりの準備をしておきましょう。

②QRコードを読み込んだ際に、6桁の数字が表示されるので「確認コードを入力」の部分に入力してください。

*6桁の数字はアプリを起動するごとに変わります。

③「二段階認証を設定する」をクリックします。

これにて二段階認証の設定は終了となります。

*以後のログイン時や日本円の出入金時は認証アプリ「Google Authenticator」をその都度起動して、6桁の数字を入力する必要があります。

 

次回は実際の取引について書いていきます♪

仮想通貨初めてみようかな・・・
GMOコインは登録できたけど他の取引所も登録しようかな・・・

なんて思っている人はぜひ登録してみてくださいね🐶

Coincheckの登録方法

5分でわかる、コインチェック(coincheck)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで解説!

Zaifの登録方法

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

Bitflyerの登録方法

【画像付きで解説!】ビットフライヤー(bitFlyer)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証の方法を解説!

BINANCEの登録方法

【2018年最新版】5分でわかる、BINANCE(バイナンス)の開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・出金制限の解除方法まで解説!

ビットクリスタル(BCY)のチャート、特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

ビットクリスタル(BCY)とは

ビットクリスタルの基本情報

名前 Bitcrystals(ビットクリスタル)
通貨コード BCY
発行上限枚数 100,000,000枚
承認時間 10分
コンセンサスアルゴリズム SHA256
発行日 2015年2月6日

ビットクリスタル(BCY)とは、Apells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)というトレーディングカードで使用することを目的として作られたコインです。カウンターパーティを元に生成されたコインで、2018年2月25日時点で時価総額450位の仮想通貨です。Zaif(ザイフ)にも上場していることから、一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?また、ビットクリスタルという名前から、ニットコインのHFコイン(ハードフォークコイン)だと思っている方も少ないくないかと思います。今回はそんな謎多きビットクリスタルについて解説していきたいと思います。

ビットクリスタル(BCY)の特徴

ビットクリスタルは、Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)というトレーディングカードで使用することを目的として発行されました。Apells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)とは、ちょうど日本でいう、遊戯王やマジック・ザ・ギャザリンやデュエル・マスターズのように、デッキを構築して対戦相手と戦うゲームです。

Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)とは

Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)は、2009年にAppストアで無料コミュニティゲームとして始まりました。徐々にゲーム市場に広がっていき、現在では1000ドル(日本円にして約10万円)の高額レアカードを取引するプレーヤーも現れ、ゲーム内で独自の経済圏が築かれました。

引用 : Aoi Yuki Blog

引用: しゅまい256倍ブログ

カードの所有権をデジタル内で概念化するために、ブロックチェーン技術を使用してそれぞれのカードの情報を紐付けました。ここで使用されたトークンがビットクリスタルです。カードの発行枚数や価格が透明化されることによって、カードの複製が行われず、誰でも確認できようになっています。昔カードゲームをしたことがある方は一度は経験したことがあるかと思いますが、偽カードを掴まされたりカードの盗難にあったりなどのリスクを無くしています。

ビットクリスタル(BCY)は自動的に価値が上がる仕組み?

ここまでは他の課金式アプリゲームなどと変わらないのですが、Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)は、購入の際は、現金かビットクリスタルの購入どちらの場合にも関わらず、そのカードのビットクリスタル分がバーンされるようになっています。つまり、購入したカード分のビットクリスタル(BCY)が破棄され、カードの価値がインフレしないような仕組みになっています。また、これによりビットクリスタルの供給量が自動的に減少されるようになり、ビットクリスタルの価値が上がるように設定されています

カードは現実世界で売買可能

これも他のアプリゲームとは異なる点で、ゲームの外(ゲームが行われない世界線に来ても)コインの価値がなくなることはありません。ビットクリスタル(BCY)はカウンターパーティウォレットに送金し、取引所で売買することができます。つまり、アプリで獲得したポイントがそのまま日本円やドルなどの通貨で使用できるイメージです。ただし、ビットクリスタル自体は他の決済方法などに使用することができず、Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)内でしか使用できません。なので、一度ビットクリスタルを取引所で換金する必要があります。ゲーム系の通貨の競合としてトレーディングカードではありませんがぺぺキャッシュ(PEPECASH)がありますね。

↓ぺぺキャッシュの記事はこちら

今更聞けない、ペペキャッシュ(PEPECASH)の特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

ビットクリスタル(BCY)の将来性

筆者の意見になりますが、ビットクリスタルは長期投資としては不向きです。なぜなら、カードゲームの人気は一過性で水ものであり、ブームの波が激しく、長期で見れば人気が薄れていくからです。ビットクリスタル(BCY)の時価総額はSpells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)の人気とほぼ連動しているので、ゲーム自体の人気がなくなってしまえば比例してビットクリスタル(BCY)の時価総額や価格も落ちるでしょう。ただし。トレーディングカードゲームは筆者含めカードゲームをしない人からすれば想像できないほどの加熱具合を見せることがあるので、投機的に人気が爆発し、コインの価格も上がることがあります。Spells of Genesis(スペルズ・オブ・ジェネシス)が好きでそのゲームの将来性に投資していきたい人以外は、投機目的で投資するのが安全です

ビットクリスタル(BCY)をお得に購入できる取引所はどこ?

ビットクリスタルの購入はZaif(ザイフ)がおすすめです。

↓Zaif(ザイフ)の登録方法はこちら

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

取引手数料の安さは日本一のマイナス0.05%で、手数料を抑えたい方にもおすすめです。

 

【2018年最新版】5分でわかる、ビットポイント(BITPOINT)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで開設!

この記事ではBITPOINT(ビットポイント)の開設方法を画像付きで丁寧に解説していきます。

そもそも、他の有名な国内取引所との違いや特徴はどのような部分かといった部分から説明していきます。

BITPOINT(ビットポイント)とは?

まずは、BITPOINT(ビットポイント)の取扱通貨、取引の種類、手数料、どんな方にとってオススメの取引所かを見ていきましょう♪

 ■BITPOINT(ビットポイント)の取扱通貨

ビットポイントの取扱通貨は、全部で以下の5種類です。

・ビットコイン(BTC)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・イーサリアム(ETH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)

日常生活でも導入が進んでいるビットコインとビットコインキャッシュが用意されており、さらに通貨ペアはクロス円だけではなく「ドル」・「ユーロ」・「香港ドル」もあります。

■BITPOINT(ビットポイント)の取引の種類

ビットポイントの取引種は以下となります。

・現物取引
・レバレッジ取引
・ビットポイントFX取引

レバレッジ取引は最大25倍で通貨ペアは「BTC/JPY」のみです。ビットポイントFX取引もレバレッジが最大で25倍、通貨ペアはBTCクロスで「円」・「米ドル」・「ユーロ」・「香港ドル」があります。

今後に仮想通貨の証拠金取引がトレンドになっていった場合、通貨ペアが豊富に揃っていると法定通貨の為替相場のように市場の流れを把握しやすくなります。ビットポイントは3大通貨といっても良い「円」・「ドル」・「ユーロ」からビットコインを取引できるので、為替通貨と比較して相場変動の相関性などを勉強するには非常に便利な取引所です。

■BITPOINT(ビットポイント)の手数料

ビットポイントの取引手数料は無料です。

・現物取引:無料
・レバレッジ取引:無料(建玉管理料は0.035%)
・ビットポイントFX取引:無料(スワップは0.035/日)

すべての取引種で手数料が無料なので、仮想通貨の需要がさらに高まっていった場合に他の取引所もビットポイントに追随して手数料無料を検討するかもしれませんね。先を読んだサービス展開が吉とでそうな印象です。

日本円の入出金手数料は以下となります。

・即時入金サービス:無料
・入金:無料(銀行側の振込手数料のみ負担)
・出金:無料(銀行側の振込手数料のみ負担)
・仮想通貨受金:無料
・仮想通貨送金:無料

他の取引所は仮想通貨の送受が有料となっているところがちらほらと見受けられますが、こちらについてもビットポイントは完全無料となっています。

■BITPOINT(ビットポイント)はどんな人にオススメ?

ビットポイントは取引種類や手数料など、初心者の方にとって分かりづらいところが丁寧に解説されています。公式サイトを初めて閲覧する方でも一目でサービス内容を把握できる配慮に好印象が持たれ、しかも手数料が入出金を含めて無料というのが非常に大きな魅力です。

初心者の方がメイン口座として使うのはもちろん、すでにメイン口座を持っている方にもサブ口座として強くオススメできます。

BITPOINT(ビットポイント)の登録方法

ここまでBITPOINT(ビットポイント)について簡単ではありますが、説明してきましたのでいよいよ実際の登録方法について説明していきます。

まずはこちらより公式ホームページへと進んで下さい。

以下の画面が表示されるかと思いますので、右上の「口座開設」をクリックして下さい。

すると次の画面へと進みます。

最初に言っておきますが、このページの各項目を記入したら申し込みは全て終了となります。

(個人情報を記入していくだけなので写真を貼るだけにしておきます。参考までに見てみて下さい。)

長いように見えて登録はあっという間なので、頑張って下さい!

ここまでの記入が終わり「確認画面」を押すと、次に「本人確認書類」提出のページへと移ります。

以下のような画面が表示されるので記載されている身分証の説明をよく読んで画像をアップロードして下さい。

本人確認書類の提出には以下の2パターンがあるのでそれぞれ説明していきます。

※ここでは外国籍の方向けの説明は省かせていただきます。

  • 免許証・パスポート
  • 免許証・パスポート以外

<免許証・パスポートの場合>

免許証・パスポート共に表面・裏面の写真をそれぞれアップロードして、「アップロード」をクリックして下さい。

<免許証・パスポート以外>

Aの中から一つ・Bの中から一つを選択してアップロードする形になります。

免許証・パスポート両方とも持ってないという方は以外にもいるので選択肢が多いのは嬉しいですね♪

身分証をアップロードすると申し込みは全て終了となり以下のような画面が表示されます。

本人確認書類受理されれば、1日営業以内に口座開通のお知らせが届くことになっています。

ハガキが届いたら実際の取引ができるようになります!

二段階認証について

仮想通貨取引所の多くはスマートフォン向けアプリ「Google Authenticator」での二段階認証の設定ができますが、ビットポイントは「Google Authenticator」での二段階認証ができません。

その代わりとっては何ですが、メールアドレス宛に認証番号が送られてくる仕組みになっていて、届いたメールで認証番号を確認すれば実質的な二段階認証ということになります。

それでは、二段階認証の設定方法を説明していきます。

まずログインすると以下のような画面が出てパスワードの変更を求められます。

こちらでパスワードの設定をしましょう♪

まとめ

ビットポイントはアルトコインの種類がやや少ないですが、この点は他の取引所も似たような現状なのでさほどデメリットにはならないでしょう。証拠金取引もクロス円からビットコインを取引することができ、為替FXでお馴染みの「MT4=メタトレーダー」が使えることも大きな特徴です。

サービスの説明や取引ツールの対応など、全体的にかなり使いやすい取引所です。メイン口座としても十分に実用性があるので、すべての投資家の方にオススメです。

取引所は複数開設しておく方がいいので、その点ビットポイントはオススメできます♪

■合わせてチェックしたい取引所

Coincheckの登録方法

5分でわかる、コインチェック(coincheck)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで解説!

Zaifの登録方法

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

Bitflyerの登録方法

【画像付きで解説!】ビットフライヤー(bitFlyer)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証の方法を解説!

BINANCEの登録方法

【2018年最新版】5分でわかる、BINANCE(バイナンス)の開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・出金制限の解除方法まで解説!

【2018年最新版】BitTrade(ビットトレード)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで開設!

この記事ではBit Trade(ビットトレード)の開設方法を画像付きで丁寧に解説していきます。

そもそも、他の有名な国内取引所との違いや特徴はどのような部分かといった部分から説明していきます。

小島瑠璃子さんをイメージガールとして起用するなど、ここ最近力を入れている仮想通貨取引所の一つですね♪

■BitTrade(ビットトレード)とは?

まずは、Bit Trade(ビットトレード)の取扱通貨、取引の種類、手数料、どんな方にとってオススメの取引所かを見ていきましょう♪

■Bit Trade(ビットトレード)の取扱通貨

ビットトレードの取扱通貨は全部で6種類です。

・ビットコイン(BTC)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)

他社と同じようにイーサリアムやリップルなど定番のアルトコインが取引でき、しかも「XRP/JPY」や「MONA/JPY」のようにクロス円のペアがあることは1つの特徴です。アルトコインはビットコインクロスで取引可能なところが多いので、為替のように円を軸にアルトコインを取引したい方にとっては嬉しいですね。

また、コインチェック等では取り扱いのないモナコイン(MONA)の取り扱いがあることも嬉しいポイントですね♪

■Bit Trade(ビットトレード)の取引の種類

ビットトレードの取引種は現物取引のみです。

・BTC/JPY
・XRP/JPY
・LTC/BTC
・ETH/BTC
・MONA/JPY
・MONA/BTC
・BCC/JPY
・BCC/BTC

通貨ペアは全部で8種が用意されており、円建てかBTC建てから取引することができます。証拠金取引がないことからも、初心者の方にとっては困惑することなくシンプルに使いやすい取引所だと言えるのではないでしょうか?

■Bit Trade(ビットトレード)の手数料

ビットトレードの取引手数料は以下となります。

・BTC/JPY:0.2%
・XRP/JPY:0.25%~0.45%
・LTC/BTC:0.30%~0.70%
・ETH/BTC:0.20%~0.25%
・MONA/JPY:0.30%~0.70%
・MONA/BTC:0.30%~0.70%
・BCC/JPY:0.30%~0.70%
・BCC/BTC:0.30%~0.70%

Maker手数料は0.2%~0.3%、Taker手数料は0.2%~0.70%となっています。他社に比べて手数料設定が高く、特にアルトコインは手数料の引き下げに期待したいところですね。

日本円の入出金手数料は以下となります。

・銀行入金:無料(銀行側の手数料は自己負担)
・銀行出金:648円

仮想通貨の送受手数料は預入は無料、送金は各通貨ごとに設定されています。ビットコインなら0.001BTCなので、基本的に仮想通貨を引き出す時は手数料が発生すると覚えておいてください。

■Bit Trade(ビットトレード)はどんな人にオススメ?

ビットトレードは円建てからもアルトコインをトレードできることが特徴であり、アルトコインもBTCクロスを含めて5種類用意されています。基本的にこれから仮想通貨の世界に入るという方が抱きやすい「ビットコインとアルトコインをトレードしたい!」という環境が整っているので、初心者の方にオススメな取引所です。

逆を言えば、経験者にとってはアルトコインの通貨ペアが多いという点を吟味することになるため、すでに利用している取引所と同じような通貨ペアであれば特にビットトレードを選ぶ理由はないでしょう。

■Bit Trade(ビットトレード)の登録方法を説明!

ここまで簡単にではありますが、ビットトレードの特徴、概要を説明してきましたので実際の登録方法を説明していきたいと思います。

まずはこちらよりビットトレードの公式ホームページに移動して下さい。

以下の画面が表示されるかと思いますので(時期によってデザインは変動する可能性があります。)、画面右上にある「新規会員登録」をクリックして進んで下さい。

次に以下の画面が表示されるかと思いますので、メールアドレスアドレスを入力して「登録」をクリックして下さい。

これで登録したメールアドレスにビットトレードよりメールが届いているのでチェックして見て下さい。

上記の写真のような内容のメールが届くので記載されたURLをクリックしましょう。

URLを飛ぶと、以下の画面に行くのでパスワードを自分で設定し、全てのチェック欄にチェックマークを入れて「登録」をクリックして下さい。

次に以下の画面に移動しますので、各項目を記入していって下さい。

※この後に提出する本人確認書類に記載されている情報と一致しなくてはいけないので統一するよう注意して下さい!

氏名・住所を記載して次に進むと以下の画面が表示されますので、登録情報を確認して「登録」をクリックして下さい。

続いて「本人確認書類のアップロード」に進みましょう。

ビットトレードで認められる本人確認書類は以下の4種類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

ここでは一番利用者の多い運転免許証を例に説明していきます。

本人確認書類の種類を選択して、それぞれ写真をアップロードして下さい。

以下の写真のように、アップロードした写真がしっかり写っているか確認して、問題がなければ「この内容で登録する」をクリックします。

ここまで終了すれば、後はビットトレード社から本人確認の承認とハガキの到着を待つだけとなります。

本人確認の承認がされれば実際の取引を行うことができるようになります。(この段階ではマイページのログインができるだけになります。)

ハガキの受け取りが完了すると口座開設については全て終了となります。

■二段階認証の設定方法

無事に本人確認が承認されたらまずは二段階認証の設定をしましょう!

以下の画面のように、アカウントの左メニューにある「セキュリティ」から二段階認証の「設定」を選択します。

以下の画面に進みますので、

①表示されたQRコードをスマートフォンアプリ「Google Authenticator」で読み込みます。

②読み込んだら表示される6桁のコードを入力して「設定」をクリックします。

 

 

「Google Authenticator」はこちらのアプリです↓

*バックアップからアプリをリストアしても引き継げないため、端末を変える場合は気をつけましょう。

対処法としては、複数の端末で読み取るか二段階認証の設定に必要なQRコードやキーを保存しておくなりの準備をしておきましょう。

以上で二段階認証の設定は終了となります。

口座開設、二段階認証の設定が終了したら実際の取引に進んで下さいね♪

■まとめ

ビットトレードの開設方法はいかがでしたでしょうか?

仮想通貨取引を行うにあたり、複数の取引所を開設する方がオススメなのでメインの取引所に加え、ビットトレードをとりあえず開設しておくという方法も一つの手段かと思います。

また、初心者にオススメの取引所なので仮想通貨取引が不安という方は、ビットトレードから入るのもいいのではないでしょうか?

■合わせてチェックしたい取引所

Coincheckの登録方法

5分でわかる、コインチェック(coincheck)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで解説!

Zaifの登録方法

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

Bitflyerの登録方法

【画像付きで解説!】ビットフライヤー(bitFlyer)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証の方法を解説!

BINANCEの登録方法

【2018年最新版】5分でわかる、BINANCE(バイナンス)の開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・出金制限の解除方法まで解説!

今更聞けない、ペペキャッシュ(PEPECASH)の特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

2017年、多くの通貨で価格の急騰が起こり、仮想通貨への注目が一気に集まりました。

<PEPE/JPYリアルタイムチャート>

日本の取引所ではコインチェック(coincheck)ビットフライヤー(bitFlyer)が多く使用されておりますが、ペペキャッシュ(PEPECASH)はZaifでの取り扱いがあるコインであり、目にしたことがある人もいるのではないでしょうか?

かなり変わった名前であり、いろいろなことが起こった業界なので「信用できるのか?」「普及するものなのだろうか」と疑問や不安に思う人もいるのではないでしょうか?

2017年は0.2円から始まった通貨になりますが140倍の28円まで上昇した通貨であり、今後の伸びが期待されている通貨・仕組みだったりします。

本記事ではペペキャッシュ(PEPECASH)とはそもそもどのようなものか、なぜ今後が期待できるのか、どのように購入できるのかという部分までご紹介していきたいと思います。

■そもそも「ペペキャッシュ(PEPECASH)」とは?

ペペキャッシュ(PEPECASH)は2016年に開発された通貨であり、Zaifなどの各取引所で「PEPE」の表記をされている通貨になります。

アルトコインの一種であり、日本では馴染みのある「2ch」の海外版である「4ch」のとあるキャラクターが由来の通貨といわれております。

4ch内に存在する緑のカエルのキャラクターが象徴している通貨であり、決済等の用途ではなく、このキャラクターの絵がモチーフとなっている「レアぺぺ(Rarepepe)」と呼ばれるデジタルカード(トークン)の売買に利用される仮想通貨になっております。

実は海外版モナコイン(MONA)とも呼ばれており、日本でもZaif(ザイフ)で取り扱いがある通貨になっているので、将来性が期待できる側面もあります。

■ペペキャッシュ(PEPECASH)の特徴

このように注目を集めるペペキャッシュ(PEPECASH)ですが、
以下のような特徴があります。

・海外の匿名版掲示板の「4ch」から生まれた通貨

・ペペキャッシュ(PEPECASH)はRare pepeというカードの売買に使用される

・ペペキャッシュ(PEPECASH)はカウンターパーティー上に存在する通貨

・金融庁から認識されている通貨だけが入れるホワイトリスト入りしている通貨

様々な特徴がありますが、それぞれ詳しく見ていきましょう!

■海外の匿名版掲示板の「4ch」から生まれた通貨

前述もしましたが、ペペキャッシュ(PEPECASH)は海外の匿名掲示板のキャラクターを象徴する通貨になっています。

緑のカエルが象徴的であり、日本にあるモナコインの海外版であるとも言われております。

■ペペキャッシュ(PEPECASH)はRare pepeというカードの売買に使用される通貨である

「RAREPEPE」の画像検索結果

ペペキャッシュ(PEPECASH)自体は決済や送金などの用途で使われる通貨ではなく、「Rarepepe」と呼ばれるカードの売買、発行に使用される用途になっております。

簡単に言えばデジタル上のカードゲームのようなイメージで、日本では遊戯王やポケモンカードのようなものが流行ったと思うのですが、それのトークンバージョンに近いイメージです。

用途がかなり限定されている状態で、現在はニーズがあるので価格は一時高騰しておりましたが、今後のところは展開によるという形でしょう。

■ペペキャッシュ(PEPECASH)はカウンターパーティ上に存在する通貨

「カウンターパーティ 画像」の画像検索結果

ペペキャッシュ(PEPECASH)は、「カウンターパーティー(counter party)」とよばれるプラットフォームで作られたトークンです。カウンターパーティー(counter party)は、proof of burnという方法で一定のビットコインを燃焼し、xcpというトークンを生み出し、さらにこのxcpを消費することで、ペペキャッシュの様なトークンを簡単に作れるプラットフォームになっております。カウンターパーティー(counter party)を使えば、ポイントをトークンとするプラットフォームを簡単につくれるのが特徴です。

 

■ペペキャッシュ(PEPECASH)はホワイトリスト入りしている通貨

 

金融庁から認識されている通貨だけが入れる「ホワイトリスト」にペペキャッシュ(PEPECASH)は登録されており、通貨としての信用は高いものになっております。

様々いいニュースも悪いニュースも仮想通貨業界にはありましたので、信用できる通貨なのかは非常に重要な点になりますが、かなり審査が厳しいホワイトリスト入りしている点で信用できるといっても良いかと思います。

 

■ペペキャッシュ(PEPECASH)の将来性と魅力

ご紹介した通り、ペペキャッシュ(PEPECASH)は用途が限定的ではありますが、ホワイトリスト入りしていること、また2016年に誕生したばかりの通貨というところもあり、まさにこれからが注目の通貨といえるでしょう。

用途が広がっていくのか、はたまた若者の間で流行るカードゲームのような普及をするのか、SNS的にコミュニティーが広がっていくのか注目点はいくつかあるような状態です。

今はまだ価格が低くなっているので今のうちの購入し、ポジションを持っておくのもいいかもしれません。

■ペペキャッシュ(PEPE)が購入できる取引所はZaif(ザイフ)!

「Zaif」の画像検索結果

ここまで記事をご覧になってきて実際にペペキャッシュ(PEPE)を購入してみたい!

と感じている方もいるのではないでしょうか?

2018年2月現在、ペペキャッシュ(PEPE)が購入できる日本の取引所はZaif(ザイフ)のみとなっています。

Zaif(ザイフ)の登録方法はこちらの記事で紹介しています♪

今後が期待できる通貨なだけに、これから取り扱いをする取引所も増えていく可能性はありますが、現在のところZaif(ザイフ)のみとなっていますのでまずは登録してみましょう♪

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

まとめ

現在どんどん価格が上昇しているペペキャッシュ(PEPECASH)、2018年の動きが大注目ですね!

機能面はもちろんのことですが、レガシーな業界の中でどれくらい広がるのかというところ、
業界の幅を広げることができるのか注目です。
ペペキャッシュ(PEPECASH)を購入するならZaifで!!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録も以下のリンクよりお進みください。

 

ゼットキャッシュ(ZEC)のチャート、特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

ゼットキャッシュ(ZEC)とは

ゼットキャッシュの基本情報

名前 Zcash(ジーキャッシュ)
通貨コード ZEC
発行上限数 2100万
承認時間 10分
コンセンサスアルゴリズム プルーフ・オブ・ワーク(PoW)
開発団体 Zcash Foundation

ゼットキャッシュ(ZEC)とは第2のビットコインと呼ばれており、高い匿名性で注目を浴びています。要するに、匿名性の高いビットコイン、と覚えておけば問題ありません。

発行上限数や、半減期、承認方法がすべてビットコインと同じであり、唯一ゼロ知識証明というシステムを採用しており、取引内容、履歴、すべての履歴がオープンになっているますが、ゼットキャッシュはこれらがすべて匿名になっています。

ゼットキャッシュ(ZEC)の特徴

ゼットキャッシュの歴史

ゼットキャッシュ(ZEC)は2016年10月28日に発表され、匿名性の高い通貨として注目を浴び、公開時から高値が付きました。その後急落な下落を記録しました。この下落の要因は、ダークマーケットでの使用の懸念されたことが原因と考えられます。ダークマーケットとは、所謂麻薬や違法ドラッグ、マネーロンダリングをする市場のことです。一時1zec=¥6,000まで価格が落ちましたが、その後JPモルガンとの提携を発表を機に価格が高騰し、現在では時価総額23位にランクインしています。

2016年10月 ¥140,000 公開直後
2016年12月 ¥6,000 ダークマーケットでの仕様の懸念で大暴落
2017年5月 ¥40,000 JPモルガンとの提携が決定
2018年2月 ¥48,000 下落や上昇を繰り返して現在

 

ゼットキャッシュの特徴、ゼロ知識証明とは

ゼットキャッシュの匿名性を担保しているシステムはゼロ知識証明と呼ばれるものです。数学に精通されている方は説明せずとも理解している方が多いかと思いますが、おそらく日常で頻繁に使用される言葉ではないので説明したいと思います。

ゼロ知識証明の研究は、ある人が,秘密の知識(パスワードなど)を所持していることをもって,本人であることを他の人に示したいが,この秘密自体は誰にも開示しなくてよい認証方式を実現することが動機である。もっとも、パスワードというのはゼロ知識証明で扱う一般的な例ではない。ゼロ知識証明によるパスワード認証は特殊な応用例である。

ゼロ知識証明で証明される命題には、巨大な合成数素因子素因数分解の解)を知っている、離散対数問題(DLP)の解を知っているなどの公開鍵暗号でよく利用されるものがある。また、任意のNP完全問題の証拠を持っていることをゼロ知識証明で示せることが知られている。

ゼロ知識証明の応用例には、公開鍵暗号デジタル署名、ユーザ認証などがある。その他、マルチパーティ計算への適用など多くの応用がある。例えば、個人情報を用いてユーザ認証を行う場合、ユーザはゼロ知識証明のプロトコルに従い、個人情報を入力する。健全性があるので、ユーザは真正な入力でないと正しさを証明できず、そしてゼロ知識性があるため、個人情報そのものは漏れることはないことになる。

引用: wikipwdia

何を言っているかわからない方が大多数だと思いますが、ご安心ください。筆者も何をこれだけ見ても何を言ってるのかさっぱりわかりません。

要するに、秘密の内容を一切伝えずとも、その内容を知っていることを証明するのがゼロ知識証明です。これに関しては突っ込んで考えるとドツボにはまり余計にわかりにくくなると思いますので、ゆるふわに覚えていただければ十分です。以下に例をあげて説明します。

*設定

・男性A君(かなりビビり)

・女性Aちゃん(独り身、やや敏感)

・男性A君は女性Aちゃんのことが好き

・男性A君が好意を持っていることは女性Aちゃんは把握済み。

・女性Aちゃんはそろそろじれったいので、男性A君が好きなことを既に知っていることを遠回しに伝えた上で、告白させたい。

おい!男性Aしっかりしろよ!ゴールは目の前だぞ!というツッコミが来そうな設定ですが、上記踏まえた上で会話をご覧ください。

*会話

女性A: 男性Aってさ〜最近好きな人でもできたの?携帯ばっかり見てるってみんな言ってるよ

男性A: (ギクっ…)そうだね、気になってる人はいるけどそれで携帯見てるわけではないよ〜

女性A: ふ〜ん。ところでさ、その気になってる人って、どんな人?同い年?

男性A: そうだね、同い年で髪も長いかな〜

女性A: どこで知り合ったの?もしかして職場も同じだったりする?

男性A: 会社の研修で知り合って、そこからよくラインしたりして仲良くなった人なんだよね〜部署も同じ笑

女性A: ふ〜ん。てかうちの部署って女性1人しかいなくない?私しかいない気がするんだけど

男性A: ・・・・・・・・・・・・・・(これはロンだわ)

女性A: ニヤリ

女性Aは男性Aの秘密(女性Aが好きであるという秘密)を一切触れずに、お前の秘密を知ってるぜ、ということを伝えましたね。専門家からお叱りをうけそうな例でしたが、上記のようなイメージがゼロ知識証明と覚えていただければ問題ありません。「相手に与える知識はゼロだけど証明してやったぜ!」と覚えてください。

ビットコインの送受信においては、送信者、受信者、取引量を公開しなければならず、取引内容のプライバシーが担保されないデメリットがありましたが、ゼットキャッシュの場合、ゼロ知識証明を用いることによってそれらの情報を公開せずとも整合性を保つことができます。ちょうど、ビットコインの弱点であった匿名性の部分の弱点をうまく補填した仕組みになっています。また、ビットコインの場合は無許可で誰にでもアクセス可能な、オープン・ファイナンシャル・システムであるのに対し、Zキャッシュはプライベート情報へのアクセスに、ユーザのみが管理権を持つ閲覧キーを採用しています。これによって第3ユーザーの持つプライベート情報への、許可のないアクセスをブロックできる仕組みになっています。

ゼットキャッシュ(ZEC)の将来性

匿名性のデメリットとして闇市場での使用が懸念されていましたが、zk-SNARKと呼ばれるロ知識証明の採用に加えて、取引内容をメタデータ化することによって最高の匿名性が保持され、不正利用の防止にも役立つ仕組みが採用されています(2018年2月現在Linux対応のみ)。コインチェックのnem流出事件の際も、ハッキングされたnemが匿名性の高い通貨に交換されたことで話題になりましたが、取引内容のメタデータ化によって闇市場での使用を防ぐ機能をアップデートして行ってくれると思われます。また、大手証券会社JPモルガンと提携していることも合わせて、将来に向けて着実に進化を遂げていると言えるでしょう。コインチェックのハッキング事件から仮想通貨のセキュリティ面が重宝されているので、今後も注目されることが間違いないと思われます。

ゼットキャッシュ(ZEC)をお得に購入できる取引所はどこ?

ゼットキャッシュに対応している国内取引所はコインチェックのみです。

↓コインチェックの登録はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↓開設方法はこちら

5分でわかる、コインチェック(coincheck)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで解説!

 

 

【2018年最新版】5分でわかる、BINANCE(バイナンス)の開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・出金制限の解除方法まで解説!

BINANCE(バイナンス)に興味を持っている方は、ある程度、仮想通貨取引にも慣れてきて、海外の仮想通貨取引所で草コインでも購入してみようかなと検討してる方が多いのではないでしょうか?

 

現在、BitflyerCoincheckZaifなどの日本の取引所には登録しているけど、海外の取引所はまだ開設してないという方にもBINANCE(バイナンス)は最初の海外仮想通貨取引所としてオススメなので、以下で詳しく説明していきます♪

BINANCE(バイナンス)とは?

仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス) とは中国の取引所であり、仮想通貨取引量は世界一(2018年1月28日時点)となっています。

そんなBINANCE(バイナンス) の特徴を以下で簡単に説明していきます♪

①100種類を超える取り扱い銘柄!

2018年1月28日現在、BINANCE(バイナンス)では100種類を超える仮想通貨を取り扱っています。

参考までに日本の仮想通貨取引所、Coincheck は13種類、Zaifはトークンを含めて全14種、Bitflyerは7種類です。

上述した日本の取引所で扱っている主要な通貨に加えて、世界的にはまだ有名ではないけど今後伸び代が期待できる草コインが多く眠っているので、草コインに手を出してみようかなと考えている方にとっては登録必須の取引所となります。

②「圧倒的」取引手数料の安さ

BINANCE(バイナンス)の特徴の一つに手数料の安さが挙げられます。

例を挙げてみると、日本のCoincheck でアルトコインを購入する時の手数料がだいたい3%を超えてきます。

また、世界的にも手数料の安さで有名なBittrexという取引所で0.25%です。(日本の取引所と比較するとだいぶ安いです。)

対して、BINANCE(バイナンス)の手数料はなんと0.1%です!(ほとんどかかりませんね…)

これだけでも十分安い手数料なのですが、BINANCE(バイナンス)が独自に発行しているBNBというトークンを保有しているとさらに半分の0.05%の手数料になります。

「塵も積もれば山となる」ではないですけど、何度も取引をする方にとっては特に手数料の面は外せない部分になってくるかとは思います。

豊富な取り扱い通貨、圧倒的な手数料の安さが仮想通貨取引量が世界一の取引所たる所以ではないでしょうか?

③ユーザーによる投票で取り扱い通貨を決定!

BINANCE(バイナンス) は毎月1回、上場させる通貨をユーザーによる人気投票で決定する「Community Coin of the Month」というイベントを開催しています。

仮想通貨のAKB総選挙みたいなイメージです!

これまでに5回開催されており、各投票方法や上場コインは以下のようになっています。

投票期間 投票方法 上場コイン
第1回目 2017/9/1~5 1票につき0.1BNB Stratis (STRAT)
Verge (XVG)
Bitquence (BQX)
SONM (SNM)
SingularDTV (SNGLS)
第2回目 2017/9/30~
10/5
1票につき0.1BNB Substratum (SUB)
第3回目 2017/10/31~
11/5
1票につき0.1BNB Zcoin (XZC)
第4回目 2017/11/30~
12/5
Binance公式Twitterをフォロー
して投票したいコインをリツイート
EthLend (LEND)
第5回目 2017/12/31~
2018/1/5
1票につき0.1BNB RailBlocks(XRB)

投票には基本的にBNBと呼ばれるBINANCE(バイナンス) が発行している独自トークン(最低100円分から参加できます。)が必要になり、このBNBトークン自体も仮想通貨ランキングに名を連ねるほどの人気通貨になっています。

※第6回目の投票が日本時間の2018年2月9日(金) 19:00〜2018年2月16日(木)19:00までの期間で開催されています!

6回目の投票ではXPが現在1位を走っています!(XPについては以下の記事をチェック💡 )

XPのチャート、特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

この投票で上場が決定した通貨は軒並み暴騰しているので、BINANCE(バイナンス) に登録している方にとっては要チェックのイベントですね♪

BINANCE(バイナンス)の登録方法を写真付きで解説!

ここまでBINANCE(バイナンス) についてざっくりと説明してきましたが、本題の登録方法について実際のキャプチャ画像を用いて説明していきます♪

日本の取引所と比較すると登録方法は簡単なので、最後まで見てみてくださいね♪

※現在BINANCE(バイナンス) は日本語対応していませんが、慣れれば簡単なので構える必要はありません。

まずはこちらからBINANCE(バイナンス) の公式ホームページへと飛んでください。

以下の画面に行くので「Register」を押して登録画面へと移動します。

すると以下の画面に移動するので記載している手順通りに進んでください。

①メールが届くメールアドレスを入力します。

②任意のパスワードを自分で決めて入力します。

③もう一度同じパスワードを入力します。(確認用)

④任意のIDを自分で決めて入力します。

⑤上記の4つを入力したらチェック欄にチェックを入れます。

⑥「Register」を押して次に進みます。

※この時設定したパスワードとIDは忘れないようにメモをしとくなりしましょう!

次に以下の画面に移動しますので、◯の中にⅢが書かれたアイコンをドラッグしてパズルに当てはめます。(実際にやってみれば分かります!)

パズルの当てはめに成功すると以下の画面に移動します。

これで登録したメールアドレスにBINANCE(バイナンス)からメールが届くのでメールをチェックしましょう。

BINANCE(バイナンス)より以下のような内容のメールが届くので「Verify Email」をクリックします。

これで登録に関してはひとまず完了となります♪

二段階認証の設定方法

次に二段階認証の設定をしましょう。

セキュリティ面の評価が高いBINANCE(バイナンス)と言えど二段階認証の設定は必ずするようにしましょう。

BINANCE(バイナンス)で二段階認証を設定するメリットは以下の二つです。

  • ハッキングのリスクをほぼ0にすることができる。
  • 1日あたりの出金可能金額を2BTCまで上げることができる。

まず、最初に登録してBINANCE(バイナンス)にログインをすると以下のような画面が表示されるかと思います。

「Google検証」をクリックして次に進んで下さい。

以下の手順通りに進んで下さい。

①スマートフォン向けアプリ「Google Authenticator」をダウンロードしてQRコードを読み込みます。

②最初に登録したBINANCEのパスワードを入力

③アプリでQRコードを読み込んだ際に表示された6桁のコードを入力

④「確認」をクリック

最初に言っておきますが、BINANCE(バイナンス)は国内の取引所と違って二段階認証設定の解除への対応が遅いです。(英語なので分かりづらいですし・・)

携帯が故障した、端末を変更して前までのデータを引き継げなくなった等の機会は突然やってきます。

スマホのバックアップから復元してもGoogle Authenticatorは初期化されてしまいますので、必ず登録時のQRコードのスクショと、IDナンバーを控えておいてください。

これにて二段間認証の設定は終了となります。

出金制限の解除とは?

二段階認証の設定が終了した段階では、出金額が1日2BTCまでと決められています。

この制限を解除するには以下の手順を参考にして下さい。

以下の画面のように、BINANCE(バイナンス)のホーム画面上部にある人型のアイコンの中から「ユーザーセンター」を選択して下さい。

ページ内上部にある以下の部分から「認証」をクリックして次に進んで下さい。

進むと身分証提出の画面へと進みますので、画面の指示に従って身分証を提出して下さい。

※海外の取引所なので、身分証明書は「パスポート」のみが認められているそうです。

運転免許証を提出した人で審査が通らないと言っている方を何人か見ています。

「パスポート」を持ってない方は、1日2BTCまでの出金で我慢しましょう。(それでも普通の仮想通貨投資をしている人にとっては十分な額ですが、、)

これでBINANCE(バイナンス)の一連の登録方法の説明は終了です。

実際の取引方法については別の記事で説明していきます♪

まとめ

ここまでBINANCE(バイナンス)の登録方法、二段階認証の設定方法、出金制限の解除方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

国内取引所ももちろんオススメですが、仮想通貨投資の幅をもう一歩広げるためにもBINANCE(バイナンス)の登録は推奨します♪

 

■合わせてチェック

Coincheckの登録方法

5分でわかる、コインチェック(coincheck)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・コインの買い方まで解説!

Zaifの登録方法

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

Bitflyerの登録方法

【画像付きで解説!】ビットフライヤー(bitFlyer)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証の方法を解説!

【画像付きで解説!】ビットフライヤー(bitFlyer)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証の方法を解説!

この記事では国内三大取引所の一つであるBitflyerの登録方法から二段階認証の設定方法、実際に仮想通貨の購入方法までを順を追って丁寧に説明していきます。

既にCoincheckZaifに登録している人でも、手数料やセキュリティ面、取り扱い通貨などによって複数の取引所の開設がオススメなので、この機会に是非Bitflyerも開設しておきましょうね♪

bitFlyer(ビットフライヤー)を登録する前に

Bitflyerの登録をする前に簡単にではありますが、Bitflyerについて説明していきます。

■アカウントクラスについて

以下の写真を見てもらうと分かるのですが、Bitflyerは2種類のアカウントクラスがあります。

①ウォレットクラス

今後Bitflyerに登録される方はまず最初に「ウォレットクラス」からスタートすることになります。「ウォレットクラス」では日本円の出入金は可能ですが、仮想通貨の売買はできません。しかし、簡単に仮想通貨売買ができる「トレードクラス」へとアップグレードできるので、その方法は後述しますね♪

②トレードクラス

日本円の出入金に加えて、本題である仮想通貨の売買が可能になります。「ウォレットクラス」から「トレードクラス」へのアップグレード方法は後ほど詳しく説明します。

ここでは、「二つのアカウントがある」ということだけ頭に入れておけば問題ないです♪

■bitFlyer(ビットフライヤー)登録に必要なもの

Bitflyerの登録に必要なものは以下の3点だけです。

  • 登録時に使用するメールアドレス
  • Bitflyer用のパスワード
  • 身分証明書(運転免許証・パスポート等)

これらが準備できる状態になったら、以下で説明する実際の登録方法へと進んでください♪

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法(アカウントの作成)

■アカウントの作成

それでは、実際のBitflyerの登録方法(アカウント作成)をキャプチャ画面を用いながら説明していきます。

色々と複雑そうだなぁと感じるかと思いますが、実際は非常にシンプルで簡単なので最後まで見てみてくださいね♪

まずはこちらよりBitflyer公式の登録画面へと進んでください。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最初に以下の画面が表示されると思いますので、

①メールが受信できるメールアドレスを入力します。

②アドレスが入力できたら「アカウント作成」をタップします。

すると、登録したメールアドレスにBitflyerからメールが届きます。

①届いたメールに記載されている「キーワード」をコピー&ペーストします。

②次に「アカウント作成」をタップします。

*または、メールに記載されているURLをクリックして登録へ進む方法でも同じです。

キーワード入力または、URLを押すと以下の画面に飛びます。

①全てのチェック欄にチェックを入れます。

②「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

最初にログインすると以下のような画面に行くかと思いますが、ここはひとまずスルーしてホーム画面へと進んでください。(※後ほど設定しますので!)

ホーム画面に戻ってもらえば分かると思いますが、現在のアカウントは「ウォレットクラス」なので、「トレードクラス」へアップグレードするために以下の画面の「アカウント情報」の部分を更新していきましょう!

■二段階認証の設定

とりあえず、アカウントは作成できたのでここから各種設定の部分を説明していきたいと思います。

まずは、二段階認証の設定からです!

最初に言っておきますが、仮想通貨取引所の口座開設をする際は必ず二段階認証の設定をしましょう。(*何かあってからでは遅いです!)

それでは、ホーム画面右下のアカウント情報の部分から「二段階認証」の部分をクリックして進んでください。

クリックすると以下の画面に進みますので「二段階認証設定を変更する」をクリックします。

すると、登録したメールアドレスに6桁の認証コードが記載されたメールが届くので、以下写真の①の部分に入力し、②「次へ」をクリックして進みます。

次に以下の画面が表示されますが、最初は「確認コードの取得方法」の部分が「メールで受け取る」になっていると思いますが、以下の写真のように4箇所のチェックに変更してください。チェックをしたら「次へ」をクリックしてください。

次の画面に進むと以下のような画面が表示されます。

①QRコードが表示されているのでスマホアプリ「Google Authenticator」で読み込みます。

*ここでは「Google Authenticator」(以下の写真のアプリです。)で説明します。

*携帯を紛失したり、端末を帰る際はバックアップからアプリをリストアしても引き継げないため、気をつけましょう。

対処法としては、複数の端末で読み取るか二段階認証の設定に必要なQRコードやアカウントキー(上記写真の緑枠の部分)を保存しておくなりの準備をしておきましょう。

②QRコードを読み込んだ際に、6桁の数字が表示されるので「確認コードを入力」の部分に入力してください。

*6桁の数字はアプリを起動するごとに変わります。

③「二段階認証を設定する」をクリックします。

これにて二段階認証の設定は終了となります。

*以後のログイン時や日本円の出入金時は認証アプリ「Google Authenticator」をその都度起動して、6桁の数字を入力する必要があります。

■パスワードの変更

次は任意になりますが、パスワードの変更方法を説明します。

以下の写真のように、ホーム画面の左側にある「設定」→「パスワード変更」からできます。

■「トレードクラス」へのアップグレード方法

いよいよ本題の「ウォレットクラス」から「トレードクラス」へのアップグレード方法を説明していきます。

「トレードクラス」へのアップグレードに必要なことは以下の3つの項目の入力になります。

  • ご本人情報のご登録
  • ご本人確認資料のご提出
  • お客様の取引目的等のご確認

①ご本人情報のご登録

まず最初に本人情報の登録を済ませていきます。

上の写真のように、ホーム画面右下の「アカウント情報」から「ご本人情報のご登録」をクリックしてください。

上記の写真の画面に移りますので、各項目を記入して「登録情報を確認する」をクリックしてください。

これで「本人情報の登録」は終了です。

*実際に登録を済ませると右側の各項目の「未入力」が「承認済」と変わります。「承認済」と変わったらOKです!

②ご本人確認資料のご提出

次に本人確認資料の提出へ進んでいきます。

上記の写真のように、「ご本人確認資料のご提出」をクリックしてください。

上記の写真の画面に移動します。

*ここでは運転免許証を例に説明していきます。

①指定の提出書類を選択します。(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・各種保険証などでの登録が可能です。)

②運転免許証の表面・裏面のはっきりと写っている写真をドラッグorアップロードで登録します。

③「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

これで確認資料の提出も終了です♪

③お客様の取引目的等のご確認

最後に取引目的を設定して終了となります。

以下の写真のように「お客様の取引目的等のご確認」の項目へと進んでください。

以下の写真の画面に移りますので、当てはまる項目にチェックを入れて(写真は一種の例です。)下の「入力する」をクリックします。

ここまでの登録が終わるとBitflyerからハガキが届くので、このハガキを受け取った時点で「トレードクラス」と認められ仮想通貨売買が可能になります。

■銀行口座情報の登録

最後に日本円の出入金の際に使用する銀行口座の設定を行なっていきます。

以下の写真のようにホーム画面右下の「アカウント情報」から「銀行口座情報確認」の部分を設定していきます。

次に進むと以下の画面が表示されるので、自分の取引で使用する銀行口座の情報を入力して「登録情報を確認する」をクリックします。

以上でBitflyerの一連の登録方法の説明は終了です。

実際に日本円を入金して取引をしてみてくださいね♪

Bitflyerの公式ホームページはこちらから↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

次回は実際の取引について書いていきます♪

仮想通貨初めてみようかな・・・
Bitflyerは登録できたけどCoincheckZaifも登録しようかな・・・

なんて思っている人はぜひ登録してみてくださいね🐶

Coincheckの登録方法の記事はこちらで詳しく解説しています。

Zaifの登録方法の記事はこちらで詳しく解説しています。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

5分でわかる、ヒットBTC(HitBTC)開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証!

この記事では海外の仮想通貨取引所HitBTCの登録方法から二段階認証の設定方法を分かりやすく、簡潔に説明していきます。

既にCoincheckBitflyerZaifなどの国内取引所に登録している人でも、HitBTCを開設して取引を行うメリット、国内取引所との比較をしていきながら紹介していきたいと思います。

国内取引所ではなくHitBTCを開設するメリットとは!?

おそらく、仮想通貨の取引を行なっている方たちはCoincheckBitflyerZaifなどの国内取引所を使っている人が多いのではないでしょうか。

当然これらの取引所は安全性も高く、安定した通貨を取り揃えている、表記も日本語などユーザーにとっても仮想通貨取引をするにあたり、非常に快適な環境が整っていると思います。

しかし、その中でも上述した取引所ではなくHitBTCをオススメする理由はどこにあるのでしょうか?

その理由を詳しく、順序立てて説明していきますね♪

①ICO直後の仮想通貨が購入可能!

HitBTCは国内取引所と比較しても、ICO直後の通貨を数多く取り揃えているのが最大の特徴です!

現在、国内取引所での取引にも慣れてきて、草コインに手を出そうかな?と考えている人も多いのではないでしょうか。

KrakenやPoloniexなどの海外取引所は比較的厳選して、仮想通貨を取り扱っていますが、このHitBTCは大化けする可能性を秘めた通貨(三振かホームランか)を幅広く取り扱っているので、少額を投資して一攫千金を狙うには最適な取引所と言えるでしょう。

 

②デザインが見やすい

HitBTCの取引画面の見やすさも特徴の一つです♪

(実際の取引画面はこんな感じ↓)

いろんな取引所を使ってると、この取引所は使いずらいなぁ、チャートが見づらいなぁなど感じることもありますが、HitBTCは個人的にはなんの不満もありません。

表記が英語しかないので、最初は戸惑うかもしれませんが慣れてくれば簡単です♪

国内取引所での取引にも慣れてきて、そろそろ海外取引所で草コインを購入してみようかな・・・

なんて考えてる人にとって、HitBTC最初の海外取引所としてオススメできます♪

 

HitBTC登録はわずか3分で終了!

それではHitBTCの登録方法を実際のキャプチャを使って説明していきます♪

登録時間は他の取引所と比較しても格段に早いです!ページが英語なので、苦手意識がある方もいるかもしれませんが、実際は簡単なので手順通りに進んでくださいね♪

まずはこちらよりHitBTCの公式ホームページへと移動します。

最初に「Register」を押して次のページに進んでください。

次に

①メールが届くメールアドレスを登録します。

②忘れない任意のパスワードを入力します。*アルファベットの大文字を組み込んでください。

③「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

④「Register」を押して次の画面に進みます。

登録したメールアドレスにメールが届くので、そこに記載されているURLよりページに飛んでください。

以下の画面に飛びますので、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを再度入力して「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「Start trading now」をクリックします。

すると以下の画面に進みます。

これで登録は完了になります♪

簡単でしたよね?

ただ、これではセキュリティ面が不安なので次で説明する二段階認証の設定を必ずしましょう!

二段階認証の設定は必ずしましょう!

取引所の登録はひとまず終了しましたが、実際の取引を始める前に二段階認証の設定は必ずするようにしましょう。

歯車マークをクリックすると以下の画面に飛びます。

*「歯車マーク」では二段階認証以外にもプロフィールやAPIキーの設定ができます。

①この画面に移動した時に最初は「General settings」が選択されていますが、二段階認証は「Security」から行うので「Security」を選択してください。

②QRコードが表示されているので、アプリ「Google Authenticator」で読み込みます。

「Google Authenticator」のアプリはこちらのアイコンです↓

③「Google Authenticator」で読み込んだら表示される6桁のコードを入力します。

※スマホ紛失した際などのために「Write down your backup code:」の下に書いてある赤枠で囲った部分の文字はなくさないように控えておいてください。

「Confirm」を押して次のページに進んでください。

最後に上の画像のように3つのチェック欄にチェックを入れて「Save」をクリックして保存します。

これで二段階認証の設定は終了となります。

入金方法、取引方法については他の記事で説明します♪

CoincheckBitflyerZaifなどの国内取引所には登録してるけど、そろそろ海外取引所で草コインを購入してみようかな・・・

なんて思っていた人もぜひ登録してみてくださいね♪