ファクトム(Factom)

2017年、多くの通貨で価格の急騰が起こり、仮想通貨への注目が一気に集まりました。

<FCT/JPYリアルタイムチャート>

日本の取引所ではコインチェック(coincheck)ビットフライヤー(bitFlyer)が多く使用されておりますが、ファクトム(Factom)はコインチェック(coincheck)での取り扱いがあるコインで
あり、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

「分散型データ記録プラットフォーム」という機能を持っているのですが、
「なんだそりゃ?」って感じですよね。笑

実はアメリカで大人気になっている仮想通貨であり、様々な投資家からも注目を浴びている
今後の伸びが大きく期待できる通貨・仕組みだったりします。

本記事ではファクトム(Factom)とはそもそもどのようなものか、なぜ今後が期待できるのか、どのように購入できるのかという部分までご紹介していきたいと思います。

ファクトム(Factom)のホワイトペーパーはこちら

■そもそも「ファクトム(Factom)」とは?

「ファクトム 仮想う通貨」の画像検索結果

ファクトム(Factom)は2015年に開発された通貨であり、コインチェック(coincheck)などの各取引所で「FCT」の表記をされている通貨になりますが、これは「Fact」から由来がきており、「事実」を意味するところから名前が決められています。

由来から意味するように、ファクトム(Factom)は「事実を記録するもの」であり、ドキュメント・電子データを台帳の役割をするブロックチェーン上に記録する事ができる分散型のプラットフォームになっております。

もっと簡単に言ってしまえば「改ざんしてはいけない情報を管理するプラットフォームそのもの」ということになりますね。

「印鑑証明」や「登記簿登記」など改ざんすることが許されないものに対して、ブロックチェーンを用いて改ざん不可能な状況を構築し、管理するプラットフォームの機能を果たしています。

実はファクトム(Factom)自体はビットコインの様な通貨の機能ではなく、プラットフォームの総称になります。 通貨の役割をしているものは「Factoid」と呼ばれており、機能が分かれているのです。

ちょっと複雑かもしれないですが、ファクトム(Factom)自体が持っている可能性は
とても大きなものになっているので多くの人、企業の注目を集めております。

なぜ注目を集めているのか。
ここからはファクトム(Factom)の特徴を見ていきたいと思います。

■ファクトム(Factom)の特徴

このように様々な業界から注目を集めるファクトム(Factom)ですが、
以下のような特徴があります。

・ファクトム(Factom)は中央集権の形で運営されている

・発行上限が定まっていない

・ファクトム(Factom)の利用にはFactoidが必要である

・ファクトムハーモニーという住宅市場向けサービスを提供している

・dLocという機能を持っている

様々な特徴がありますが、それぞれ詳しく見ていきましょう!

ファクトム(Factom)は中央集権の形で運営されている

プラットフォーム型の通貨は基本的には「分散型」の仕組みをとっていることが多いですが、ファクトム(Factom)は現在「Factom Inc.」という企業によって中央集権の形で管理運営されています。

中央集権での運営はメリットデメリット両方あり、メリットとしては開発者が優秀な場合一気に普及することも期待できます。

逆にデメリットとしては、運営している管理者が破綻すれば、同時にファクトム(Factom)自体も破綻してしまう形になるのでリスクになりかねません。

現段階では、世の中に普及されている途中であり、実験を行っている段階であるとの解釈もでき、真の価値がでてくるのは更に普及した時に判明するかと思われます。

両方の側面があるということを認識していることが重要です。

ファクトム(Factom)の利用には「Factoid」が必要

前述もしましたが、ファクトム(Factom)自体はプラットフォームを示す言葉であり、
このファクトム(Factom)上で使用できる「Factoid」というものが別に存在しております。

ファクトム(Factom)は発行上限が定まっていない

ファクトム(Factom)の利用に必要なFactoidには発行上限が決まっておりません。
Factoidは基本的にはマイニング報酬として付与されます。

市場に多くのFactoidが出回ると需要が減りインフレの恐れがあるため、
利用する立場からも考えても相場の不安定性があることはマイナスに働きます。

なので、ファクトム(Factom)ではファクトム(Factom)の中でしか使えない「Entry Credit」(エントリークレジット)というものを活用し、相場の不安定性をなくす取り組みを行っています。発行上限数がないからといって価値の安定性がなくなってしまうのを防いでいるのです。

 

ファクトムハーモニーという住宅市場向けサービスを提供

人口が多く、広大な土地を持つアメリカでは住宅を購入する文化がありますが、約1兆5千億ドル(日本円で約160兆円)にもなる住宅ローン市場をファクトム(Factom)の仕組みでパッケージ化させようという取り組みが「ファクトムハーモニー」とよばれるものになっております。

今までの住宅ローンサービスでは、第三者が介入し、住宅を買いたいと考えている人の与信を行い、お金の貸し付けを行う不動産屋や銀行、消費者金融などの業者がいましたが、人と人を介するときには当然のごとく中間マージンが発生する構造になっておりました。

また、情報量の優劣によって意見の食い違いが起こったり、貸付業者が不当に金額を請求する等不平等な状況がそこには存在しておりました。

取引における不透明性が高く、業界としての負が大きいところに対して、このファクトムハーモニーは問題を解決するものになっております。

ブロックチェーンをベースとしたファクトムハーモニーを活用することで情報の透明性は担保され、今まで関係者間で発生した情報格差、不平等性を無くします。

また、システムを使用することで人を介することがなくなり人件費も削減。
貸付側にも借りる側にとっても良い仕組みを生み出したのがこのファクトムハーモニーになっております。

この仕組みを活用すれば、不動産業界だけではなく様々な業過に汎用的に使用することができるのではないかという、多くの可能性を秘めている部分が注目を浴びている理由になっております。

dLocという機能

ファクトム(Factom)が注目される側面として「dLoc」という機能があります。

これは出生証明書や土地の権利、今までの医療記録の重要な文書を証明する為の「デジタルのステッカー」的役割をするものになっております。

文書にdLocをつけることにより、dLocがチップの役割を「SMART COSMOS」と呼ばれるプラットフォーム上で文書を追跡することが可能になります。

このチップの機能があることで文書を呼び出すことができる形になっております。

 

ちょっと難しい部分もありますが、ファクトム(Factom)は多くの可能性を秘めているのでその将来性にも注目が集まっています。

■ファクトム(Factom)の将来性と魅力

ご紹介した通り、ファクトム(Factom)には様々な機能があります。これらはまだスタートしたばかりでありますが、ファクトムハーモニーにおいては160兆円にも上るアメリカの住宅ローン市場に着目し登記簿や不動産契約、住宅ローンの膨大なデータを安全に保守管理しようと進めているものになっているなど世の中へのインパクトはとても大きなものになる可能性が高くなっております。

また、dLocに関しては「医療記録の管理」に使用される為の取り組みが行われているなど、大きな市場に対してインパクトを及ぼす可能性をもっております。

2015年に誕生したものであり、まさにこれからのものであるといえるファクトム(Factom)。実はベンチャーキャピタルの出資を受けていたり、マイクロソフトのビル・ゲイツのビル&メリンダ・ゲイツ財団から5000万ドルもの資金提供を受けていたりと著名人からの期待を集めている側面もあり、大いなる期待ができるものであることはこのようなところからもうかがえるかと思います。

■ファクトム(Factom)を買うことができる取引上

現段階では国内ではコインチェック(coincheck)が唯一取り扱いをしております。

海外の取引所だと、ビットトレックス(BITTREX)、ポロニエックス(POLONOEX)で買うことができますが、海外の取引所は登録は簡単ではあるものの、何かあった際の対応が外国語でしかされないこと等あるので、とても使いやすいUIになっているコインチェック(coincheck)がオススメです。

■コインチェック(coincheck)の登録方法

まずはコインチェック(Coincheck)に登録していない方向けに
登録方法の段階から説明していきます。

まずは上のリンクよりコインチェック(Coincheck)のホームページへと進んでください。

コインチェックの登録はこちらから↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

画面右上の「新規登録」より以下の画面へと進んでください。

任意のパスワード、メールアドレスを設定し「アカウントを新規作成する」を押すと登録したメールアドレスに確認用メールが届くので、
そのメールに記載されたURLから以下の画面へと進んでください。

まずは「本人確認書類を提出する」に進みます。

こちらの画面からまずは電話番号認証をするので、
SMSが届く携帯の電話番号を入力してください。

次に、SMSに送信された6桁の番号を入力してください。
一つ前の画面に戻って「各種重要事項を確認する」に進みます。


各チェック欄にチェックを入れて緑色のボタンを押します。

次に「本人確認書類を提出する」ボタンから画面下に記載されている項目に
流れに沿って記入していってください。

*本人確認書類を提出しないと実際の取引ができません。
*IDセルフィーを撮影する際はしっかりと写っているか確認してから提出してください。

まずは、ネットで提出された本人確認を会社が確認します。
(0〜1日程かかります。この時点では日本円の入金は可能)

次に会社の確認が終了したら登録した住所にハガキが届きます。
(1〜2日程かかります。これで日本円の出金が可能になります。)

これで取引が可能になります。
日本円を入金して通貨を購入してみましょう!

*以下の二段階認証設定も忘れずに設定しましょう。

二段階認証の設定は忘れずに!

次に二段階認証の設定へと進みます。

設定は必ずするようにしましょう!!

この画面にあるQRコードをアプリ「Google Authenticator」読み込みます。

「Google Authenticator」に表示された6桁のコードを入力すれば完了です。

*バックアップからアプリをリストアしても引き継げないため、
端末を変える場合は気をつけましょう。

対処法としては、複数の端末で読み取るか二段階認証の設定に必要なQRコードやキーを保存しておくなりの準備をしておきましょう。

以上で二段階認証の設定は終了となります。

本人確認が終了次第、取引を行ってみてください!

まとめ

現在どんどん価格が上昇しているファクトム(Factom)、2018年の動きが大注目ですね!

機能面はもちろんのことですが、レガシーな業界の中でどれくらい広がるのかというところ、
業界の幅を広げることができるのか注目です。
ファクトム(Factom)を購入するならコインチェック(Coincheck)がオススメ!!

コインチェック(Coincheck)に登録してリスク(LISK)に投資しましょう!

bitFlyer(ビットフライヤー)zaif(ザイフ)の登録も以下のリンクよりお進みください。