カウンターパーティ(XCP)の特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

2017年、一時1BTC=200万円台まで到達し、圧倒的成長率をみせたビットコイン(BTC)ですが、2018年に入りその価格は100万円台まで急落しました。一部では今後の成長に不安がささやかれる仮想通貨市場ですが、2018年はビットコインではなくビットコインをもとに作られたアルトコインの成長に期待がかかっているのをご存知でしょうか。

ビットコインに比べてまだまだ市場価値が低いアルトコインは1通貨数十円から投資することが可能です。2017年のビットコインの急伸劇のように、2018年はアルトコインに期待がかかっているのです。さて、今回はアルトコインの1つである「カウンターパーティー(Counterparty)」についてその特徴から将来性、カウンターパーティーが購入できるおすすめの取引所をご紹介します。アルトコインにはそれぞれによって特徴が異なるため、まずはその特徴を理解した上で将来性を判断し、投資することが重要になります。

1分で分る、カウンターパーティ(XCP)の特徴

カウンターパーティー(Counterparty)はビットコインのブロックチェーン上に構成されたプラットホームのうちの一つで、アルトコインと呼ばれる通貨の1つです。カウンターパーティーはビットコインのシステムを「間借り」するような形で存在しています。そのため、独自のブロックチェーンで構築されているのではなく、あくまでもビットコイン上に存在する派生通貨とご理解頂ければOKです。

XCPはビットコイン上のカウンターパーティープラットフォーム上で発行された通貨をいいます。XCPは最も利用者の多いビットコインのブロックチェーンを利用することで、そのままビットコインの高いセキュリティ性があります。ですが、送金の承認に約10分かかるなどビットコインのプロトコルによる制約があるという欠点もあります。

そしてXCPの発行枚数は約260万XCPで、プログラムにより発行枚数が今後増えることはありません。XCPの最大の特徴としては、XCPを消費して独自の仮想通貨(トークン)を発行することができるというもので、この独自の仮想通貨は幅広い目的に利用することができます。簡単に言うと、自分で作った仮想通貨でXCPを購入し、売却した分の独自の仮想通貨を市場に送り出すことができるのです。

そして、XCOが消費されると、XCPの量は減っていくので、相対的にその価値は高まります。そのため、XCPは高騰し続ける通貨と言われています。

なお、Counter Partyはビットコインのブロックチェーンを利用するため、実際に使用する(送金・取引する)にはビットコインも必要になります。

1分で分る、カウンターパーティ(XCP)の将来性

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

独自通貨の発行を実現させるXCPの最大の特徴は、自身の仮想通貨を発行することで寄付を募ったり、その仮想通貨を利用した独自のサービスを展開することを可能にします。

これは貨幣という性質に加えて情報管理もできるので、会員カードのような役割も実現させます。自身で発行する仮想通貨で取引をするため、会員情報などの情報管理ができるのです。そのため、今後Counter Party社のXCPを通じて自分の仮想通貨を発行して商売するというビジネスはますます需要が増加していくと思われます。

2017年は投資商材として急成長を遂げた仮想通貨ですが、今後は需要があるということが成長の大きな要因になります。その点、XCPの将来性には期待が膨らみます。早いうちに購入したほうが安く帰るXCPは早めに購入されることをおすすめします。

ビットコインのシステムを「間借り」している、というのは簡単に言うと「ビットコインの取引データに意味をプラスする」という方法を利用しております。ですのでカウンターパーティーを利用する際はビットコイン(BTC)が必要になります。

現在その価格も急伸中です!

カウンターパーティ(XCP)が購入できる取引所はZaif(ザイフ)!

ここまで記事をご覧になってきて実際にカウンターパーティ(XCP)を購入してみたい!

と感じている方もいるのではないでしょうか?

2018年2月現在、カウンターパーティ(XCP)が購入できる日本の取引所はZaif(ザイフ)のみとなっています。

Zaif(ザイフ)の登録方法はこちらの記事で紹介しています♪

今後が期待できる通貨なだけに、これから取り扱いをする取引所も増えていく可能性はありますが、現在のところZaif(ザイフ)のみとなっていますのでまずは登録してみましょう♪

Zaif(ザイフ)の登録はこちらからも可能です↓

カウンターパーティ(XCP)まとめ

カウンターパーティ(XCP)に関する記事いかがでしたでしょうか?

まだ実用化はされていませんが、将来的には非常に期待が持てる通貨の一つだと思います。

そんなカウンターパーティ(XCP)を以下、簡単にまとめました♪

  • 2018年、アルトコインに注目が集まる中でカウンターパーティ(XCP)にも商機あり!
  • 今後の下院登録制度にカウンターパーティ(XCP)が実用化される可能性あり!
  • カウンターパーティ(XCP)の購入は安定した通貨を幅広く取り扱うZaif(ザイフ)で!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*