ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート、特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

最近の仮想通貨ブームの中で、仮想通貨に興味のない方でも一度はビットコイン(BTC)という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

本記事ではビットコインキャッシュ(BCH)の内容について書いていきますが、仮想通貨を始めたばかりの方や、そもそも仮想通貨にあまり興味のない方にとっては

「ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)て何が違うの?」

「そもそもビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)てなんで名前が似てるの?」

といった疑問を抱いていることかと思います。

そこで本記事ではビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の根本的な違い、関連性から説明をして、ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴、将来性、2018年の最新ニュースまでを書いていきたいと思います。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いは?

まず、ビットコインキャッシュ(BCH)とはビットコイン(BTC)のハードフォーク=分裂によって生まれたものという認識で問題ないです。

ハードフォークとは各仮想通貨が持つルールを変更する際に、従来のルールを無視して新たなルールを作成・適用することによって従来のルールとの互換性を消滅させることを言います。

簡単にですが、ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークという分裂によって生まれたという背景は理解できたかと思います。

それではなぜビットコイン(BTC)はハードフォークを行う必要があったのでしょうか。

近年の仮想通貨ブームによってビットコイン(BTC)の取引の際に遅延が発生するケースが目立つようになってきました。

それに伴い、ビットコイン送金を他の人よりも早く行いたいなどの要望があれば、他の人よりも手数料を高く払う必要がありますね。

ビットコインキャッシュ(BCH)はこうした課題を無くすためのハードフォークで、ビットコイン(BTC)の代替案、補助ツールのような役割として使用する目的として誕生しました。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴は!?

<BCH/JPY/BTCリアルタイムチャート>

①スケーラビリティ問題

上述した通り、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)の取引時の処理遅延、それに伴う手数料価格の増加に対応するためのハードフォークで誕生したと説明しましたが、では、この取引時の遅延はなぜ発生するのでしょうか。

ビットコイン(BTC)を始めとする仮想通貨はブロックチェーン技術によって成り立っています。

ビットコイン(BTC)の1ブロックの容量は1MBに制限されていました。

しかし、仮想通貨ブームによってビットコイン(BTC)の取引量は急激に増加しました。

取引処理の遅延はこの1MBという容量の中で行われる莫大な量の取引を無理やり処理することによって発生していたものです。

対して、ビットコインキャッシュ(BCH)の1ブロックの容量はハードフォークによって8MBまで増加しています。

これによって対応できる取引量が増加し、安価な手数料で安定した送金を可能とするシステムを構築することがきました。

今までは人気の出ていなかった飲食店(店員一人)がニュースで報道され、ものすごい数のお客さんが来店することになり、一人では回せなくなり店員さんを大量に雇ったみたいなイメージです。

基本的な構造はビットコイン(BTC)と変わらないので、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのアップグレードバージョンという捉え方で問題ないかと思います。

最近では「ビットコインキャッシュこそが真のビットコインだ!」という意見もありますね。

 

②マイニングアルゴリズムの仕様変更

2017年11月13日に行われたハードフォークによってビットコインキャッシュ(BCH)はマイニング難易度の調整を行いました。

ここでのハードフォークはコインの分裂の意味ではなく、ビットコインキャッシュ(BCH)内のマイニング関連のシステムのアップグレードといった内容です。

*2018年中期ロードマップはこちらから

ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)の取引はネットワークの参加者が承認し、その承認者に報酬を与える仕組みになっています。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)は、この承認の権利を与える方法として、Pow(proof of work)と呼ばれるシステムを採用しています。

これは簡潔に説明すると、参加者全員で承認のための計算式を解いて、その中で一番早く式を解いた人に報酬を与えるという方式です。

しかし、前提として1ブロックの生成時間は10分と決まっています。

ということは10分以内に誰かが計算式を解けるように問題の難易度を調整しなくてはいけないということですね。

そこで、ビットコインキャッシュ(BCH)はEDA(緊急難易度調整アルゴリズム)と呼ばれるプログラムを採用していました。

<EDAプログラム概要>

  • 現在のブロックの標準採掘時刻が、6ブロック前の標準採掘時刻よりも12時間以上である場合、EDAが発動する。
  • EDAが発動した場合、採掘難易度は20%低下する。

ビットコイン(BTC)と比較すると時価総額、知名度が劣るビットコインキャッシュ(BCH)はこうしてマイニングの難易度を下げることによって採掘者の獲得を目指していました。

しかしながら、このEDAシステムは逆にマイニングの不安定さを招く形となってしまい(ブロックを意図的に採掘しない採掘者が出てくる→難易度が下がった瞬間のみ採掘者が集まる)、新たにDAAというプログラムを採用することになりました。

<DAAプログラム概要>

  • マイニング難易度がブロック毎に調整される。
  • ブロックは、先の144ブロックに費やされた計算量により決定される。

DAAプログラムを導入することにより、EDAが抱える問題は解決されたが今後DAA機能が成功するかどうかは未知数ではあると言えるでしょう。

③「希少性」が生むビットコインキャッシュ(BCH)の価値

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)同様、発行枚数の少なさが特徴の一つとして挙げられます。

 

 ビットコインキャッシュ(BCH)  ビットコイン(BTC)
 総発行枚数  2100万枚 2100万枚
 ブロック生成時間  10分 10分
 ブロック容量  8MB 1MB

 

上記の表の通り、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の構造は基本的には変わらないです。

また、発行枚数が少ないと当然、希少価値は高まりますよね。

そうするとその通貨の価値が高まるということになります。

参考までに、他の主要仮想通貨の発行枚数は以下の通りです。

 

ライトコイン(LTC)  ネム(XEM)  ネオ(NEO)
 発行枚数  8400万枚 9億枚 1億枚

 

この他の仮想通貨に関してもビットコインキャッシュ(BCH)よりも発行枚数が少ないというケースはあまり見かけません。

この発行枚数の少なさは、今後何か進展があり、ビットコインキャッシュ(BCH)にお金が流れ流ようなことがあれば、一気に暴騰する可能性を秘めていると言えるのではないでしょうか。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性はいかに!?

仮想通貨の時価総額ランキングで不動の1位にいるビットコイン(BTC)からハードフォークされて生まれた通貨ともあれば、当然ですが将来性は期待されます。

*2018年1月13日時点、ビットコインキャッシュ(BCH)の時価総額ランキングは4位!

また、上述した通りビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)の上位互換のような機能を備えています。

元々、ハードフォークが発表される前はビットコインキャッシュ(BCH)の価格はビットコイン(BTC)の価格に並ぶ、または越す可能性がる存在として扱われていました。

現段階では、それは実現していませんが、今後そうなる可能性は十分秘めているでしょう。

また、機能面なども考慮して将来的には、以下の二つの可能性が想定されると思われます。

 

  • ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の共存
  • ビットコインキャッシュ(BCH)のみが生き残る

 

現在、時価総額ランキングでダントツの位置にいるビットコイン(BTC)が主軸通貨として市場に存在している間は、大きく上がることもなく、大きく下がることもない安定した通貨としての立ち位置が予想されます。

また、ビットコイン(BTC)に変わってビットコインキャッシュ(BCH)が主に使われることになると一気に価値が上昇する可能性も秘めていますね!

現段階では安定した通貨で、将来的には爆発的に飛躍する可能性を秘めた通貨の一つと位置付けすることができるのではないでしょうか。

 

2018年1月15日更新!!ビットコインキャッシュ(BCH)の最新ニュース!!

①ハードフォークで「ビットコインキャンディー」が誕生!

今までの説明でもビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークについてつらつらと書いてきましたが、ビットコインキャッシュ(BCH)にも採掘者(マイナー)が着々と増えてきました。

そして、ついにビットコインキャッシュ(BCH)からのハードフォークでビットコインキャンディーという通貨が誕生しました!(名前はもはやなんでもありですね・・)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

以下、ビットコインキャンディーの簡単な概要です。

 ビットコインキャンディー
 発行枚数  210億枚
ハードフォーク日時  512666ブロック
 アルゴリズム Equihashアルゴリズム

1 BCH=1000 Bitcoin Candyというレートなので、現在の低価格、高供給量の仮想通貨が注目を集める市場において、ビットコインキャンディーも人気が出て来る可能性は十分考えられますね。

ただ、現時点では不安要素の方が大きいかもしれません。

なぜそう言えるか。以下をご覧ください。

1.ロードマップが発表されていない

これはどういう事なのかというと、「通貨の方向性が固まっていない」という事です。

会社でも普段の生活でも同じことが言えますが、将来的な目標やゴールが見えずに、ただ闇雲に走るのは少し危険ですよね。

仮想通貨でも同じです。

今後どうなるかは分かりませんが、現時点では「将来性の見えない通貨」に投機する人たちは少ないのではないでしょうか?

2.取り扱い予定の取引所は一つ

現段階でビットコインキャンディーの取り扱いを公表しているのは、ビットコインキャッシュ(BCH)を基軸として扱う中国の大手取引所であるCoinEXのみとなっています。

ただ、これは現段階の話であり今後ビットコインキャンディーの通貨としての価値が上昇してきた際、他の取引所で取り扱う可能性は十分考えられます。

上に書いた二つ以外にも開発者チームが不明だったりと不安要素は尽きませんが、ビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして誕生した通貨でもありますし、最近の低価格通貨に需要が集まる傾向を考慮すれば、爆発する可能性は大いに秘めていると思います。

②仮想通貨界の有名人が所有しているビットコイン(BTC)を全てビットコインキャッシュ(BCH)に変えた!?

ビットコインウォレットサービスを提供するBitcoin.comの創立者であり、現CTOのEmil Oldenburg氏が自身が所有するビットコイン(BTC)を全てビットコインキャッシュ(BCH)に変えたということが、スイス Breakit社のインタビューで判明しました。

*Bitcoin.comの公式ページはこちらから

しかし、これは自社の商品であるビットコインウォレットの性能との利害関係で完全に対立する行動であると言えます。

そうまでして彼が決断した理由としては、やはり上述した通り取引手数料の高さと送金処理時間の長さが起因しているようです。

現在、ビットコイン(BTC)の取引手数料は20%にも上昇し、取引時間は平均4.5時間を記録しています。

また、同社Bitcoin.comのCEOであるロジャー・バー氏もビットコインよりもビットコインキャッシュ(BCH)の可能性に期待している人物の一人です。

彼は2017年10月に、『ビットコインキャッシュを正式なビットコインとして再構築する』という発言をしており、今後のビットコイン(BTC)からビットコインキャッシュ(BCH)へと通貨としての価値が変化していく過程には注目していきたいと思う。

 

 ビットコインキャッシュ(BCH)をお得に購入できる取引所はどこ!?

ここまで仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)に関しての記事を読んでみて、実際に購入を検討されている人たちも多いのではないでしょうか。

ここではビットコインキャッシュ(BCH)を購入できるオススメの取引所を紹介していきたいと思います。

2018年1月現在、ビットコインキャッシュ(BCH)が購入できる国内取引所は以下の通りです。

 

*この他にもビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いはありますが安全性、手数料の関係から上記の取引所をオススメします。

*最初に取引所口座を開設する際は、セキュリティや言語の面からも国内取引所をお勧めします。

この中で今回は国内3大取引所の一つであるCoincheck(コインチェック)でのビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法を説明していきます。

Coincheck(コインチェック)はチャートの見やすさがピカイチであり、東京海上日動と提携して、不正ログインなどの被害に対して、1回の請求で最大100万円までを補助するサービスがあるなど充実したサービスを揃えています。(補助サービスは二段階認証を設定しているユーザーが対象となります。)

Coincheck登録方法

まずはCoincheckに登録していない方向けに登録方法の段階から説明していきます。

まずは上のリンクよりCoincheckのホームページへと進んでください。

コインチェックの登録はこちらから↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

 

 

 

画面右上の「新規登録」より以下の画面へと進んでください。

 

任意のパスワード、メールアドレスを設定し「アカウントを新規作成する」を押すと登録したメールアドレスに確認用メールが届くので、そのメールに記載されたURLから以下の画面へと進んでください。

 

まずは「本人確認書類を提出する」に進みます。

こちらの画面からまずは電話番号認証をするので、SMSが届く携帯の電話番号を入力してください。

次に、SMSに送信された6桁の番号を入力してください。

一つ前の画面に戻って「各種重要事項を確認する」に進みます。

各チェック欄にチェックを入れて緑色のボタンを押します。

次に「本人確認書類を提出する」ボタンから画面下に記載されている項目に流れに沿って記入していってください。

*本人確認書類を提出しないと実際の取引ができません。

*IDセルフィーを撮影する際はしっかりと写っているか確認してから提出してください。

まずは、ネットで提出された本人確認を会社が確認します。(0〜1日程かかります。この時点では日本円の入金は可能)

次に会社の確認が終了したら登録した住所にハガキが届きます。(1〜2日程かかります。これで日本円の出金が可能になります。)

これで取引が可能になります。

日本円を入金して通貨を購入してみましょう!

*以下の二段階認証設定も忘れずに設定しましょう。

二段階認証の設定は忘れずに!

次に二段階認証の設定へと進みます。

設定は必ずするようにしましょう!!

この画面にあるQRコードをアプリ「Google Authenticator」読み込みます。

「Google Authenticator」に表示された6桁のコードを入力すれば完了です。

*バックアップからアプリをリストアしても引き継げないため、端末を変える場合は気をつけましょう。

対処法としては、複数の端末で読み取るか二段階認証の設定に必要なQRコードやキーを保存しておくなりの準備をしておきましょう。

 

以上で二段階認証の設定は終了となります。

本人確認が終了次第、取引を行ってみてください!

まとめ

  • 取引処理速度、取引手数料は共にビットコイン(BTC)を上回っているので取って代わる存在になるのも時間の問題!?
  • 通貨としての安定性、将来性は他のアルトコインと比較してもピカイチ!
  • ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するならCoincheck(コインチェック)がオススメ!!

コインチェックに登録してビットコインキャッシュ(BCH)に投資しましょう!

bitFlyer(ビットフライヤー)、zaif(ザイフ)の登録も以下のリンクよりお進みください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*