【2018年】おすすめアルトコイン3選!絶対に抑えておきたいホームラン草コイン公開!

  そもそもアルトコインってなに?

アルトコインの定義

アルトコインとはAlternatibe Coin(代替)コインの略称で、ビットコイン以外の暗号通貨の総称です

仮想通貨=ビットコインではない!

仮想通貨といえばビットコインが有名です。近日地元の友達からも「仮想通貨やってる?ビットコインやろうと思ってるんだけど…」「ビットコインやってる?あれ儲かるの?」などとご連絡をいただきます。いやビットコインは持ってるけど、ビットコインやってるってなんだよ…ビットコインだけが仮想通貨なわけじゃないんやで…などと思うことが度々あります。なぜ仮想通貨or暗号通貨=ビットコインのイメージが定着しているかと言うと、単純に先行優位が働いているからです。昨年12月もニットコインの価格が一時2,000,000円まで高騰し、ニュースで大きく取り上げられていたので、仮想通貨は儲かる=ビットコインは儲かるのイメージが世間で定着してしまったのは必然かもしれません。

アルトコインの種類は1100以上!

国ごとに発行されている貨幣の種類より多いですね。驚異的です。なぜこんなにもの種類のアルトコインが誕生したかと言うと、ビットコインのプログラムは全て公開されており、ビットコインのプログラムを調べて自分なりにカスタマイズすれば、技術力のある人であれば仮想通貨を発行することができます。エンジニアがAPIを利用し組み合わせ・カスタマイズして新しいアプリケーションを作ることに似てますね。また他にもイーサリアム(Ethereum)やネム(NEM)をベースとしたアルトコインも作られていて、様々な特徴を持ったコインが取引所に上場しています。

アルトコインの取引はハイリスクハイリターン

アルトコイン価格高騰事例

アルトコインの値段はビットコインに比べてかなり低い傾向にあります。流通量が安定しない傾向にあるので、値段の上下が顕著に現れます。直近で話題になった$XPはbinance投票前は0.02円、投票後(2018年1月13日現在)は0.3円と約15倍の価格上昇をしました。

引用: coingecko.com
仮に2017年12月月初にxpに100,000jpy投資していた場合、1,500,000jpyの資産が作れたことになります。

また、$NEOは1年間で約10,000倍の価格上昇をしています

引用: coingecko.com

仮に2017年1月に$NEOに10,000jpy投資しホールドし続けた場合、100,000,000jpyの資産が形成されたことになります(なんと1万円が100億…!)。このように、アルトコインはビットコインに比べて価格が低く、その後暴騰することも多々あるので、非常に高いリターンを期待できます。

 

アルトコイン投資のリスク

1 長期的にみると必ず規制が入る

日本では2016年に「仮想通貨法」が制定されました。個人事業で仮想通貨の投資をされている方は仮想通貨で得た利益はどの内訳に区分すればいいか悩んだ方も多いと思うので、この法案を知っている方も多いかと思います。ただし、他の国では法案は何も決まっておらず、規制の対象になる可能性はおおいにあります。

2 スプレッド(手数料)が非常に高い

Twitterで仮想通貨インフルエンサーをフォローしてる方はこのフレーズを一度は目にしたことがあるかと思います。結論からいうとFXなどに比べて仮装通のスプレッドは非常に高いです。FXでも一般的に市場での価格変動が大きい際にスプレッドが生じますが、アルトコインは非常に価格変動が大きく、スプレッドもそれに比例して大きくなる傾向にあります。FXのスプレッドはおおよそ0.0018%なのに比べて、仮想通貨のスプレッドはおおよそ1%です。なので、買ってすぐに売り抜ける、などの用途で投資すると損するリスクが大きくなります。

3 インサイダーし放題

仮想通貨に規制がないのは前述の通りで、インサイダー取引も横行しています。なので、リークを聞いた人間が一番儲けると言っても過言ではありません

4 詐欺案件

IPOに比べてICOの審査は非常にゆるく、言葉を選ばなければ、経営がガタガタ、プロダクトを実際にリリースする気がない場合でもICOできてしまうケースがあります。ICOで集めたお金を持って海外に高飛び、ということもできてしまうので、仮想通貨を購入する場合には目論見書やホワイトペーパーを十分に目を通して置くことがマストです。

5 ハッキングなどのリスク

2014年2月に東京に本拠地を置く取引所マウンドゴックスが、不正アクセスによりビットコイン75万BRCを引き出され破綻しました。当時マウントゴックスは業界でも最大手の取引所の1つで、その規模でもハッキングのリスクがあるのでマイナー取引所だと取引するのは更に怖いですね。

*ただし、取引後すぐに自分のウォレットに入れておけばハッキングリスクの心配はありません。取引後はすぐにウォレットに入れましょう

失敗しない、アルトコインを選ぶ際の3つのポイント

1 行政からの承認を得ているか

規制の対象になりやすい仮想通貨ですが、行政からの承認を得ているケースもあります。行政からの承認が下りているのであれば規制のリスクは軽減され、価格暴落のリスクは軽減されます

2 現実的に実行できる力がありそうか

資金調達状況

ICOは資金調達することも目的の1つですが、ICO後に他の金融機関から資金を調達することが可能です。ICOドリブンなプロダクトではなく、他の金融機関からも資金調達できるということは、プロダクトとしての一定の評価を下すことができます。

アプリやプロダクトのリリース状況

企業でも目論見書があるように、仮想通貨にもホワイトペーパーというものが存在します。特にプロダクトのリリース状況や今後の進捗を見る際にはホワイトペーパーのロードマップを参照してください。ロードマップがコピペ・デタラメの場合その後堅調に通貨の価値が上がることは期待できません。

チームメンバーの履歴・コネクション

チームメンバーの技術力・経営力・コネクションも1つの指標になります。これも経営と全く一緒ですね。脆弱な組織・経営力・コネクションでもICOできてしまうので、注意しましょう。

3 値段は適切か

競合通貨の時価総額

仮想通貨も似たような通貨、競合が多く存在します。企業でもその分野で多くの競合がいるのと同じですね。競合通貨が先にICOしている場合、競合のコインの価格と照らし合わせてそのコインのポテンシャルを測ることができます

チャートの押し目で買い注文する

引用: 初心者の株式投資

押し目とは、移動平均線に近づいたところを言います。アルトコインは変動幅が大きいので、買った瞬間に大きく値下がり、ということも十分にありません。なるべく押し目で買うように心がけて、買った後に価格が上がるようにしましょう

価格が上がるイベントがあるかどうか

仮想通貨は何かのリリースがあると価格が高騰する傾向にあります。上場企業の新プロダクトのリリースでは数倍の価格高騰まではありませんが、アルトコインの場合リリース1本で10倍近く価格が高騰することがざらにあります。短期・中長期で投資するかにもよりますが、直近でリリースの発表がありそうかどうかも1つの判断材料になりそうです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【厳選】とっておき、おすすめアルトコイン3選!

1位 STOX

堂々の1位はSTOX(STX)!今日(2018年1月14日時点)で価格が140円台と非常に安い価格です。競合の#Gnosis $GNO ,#Augur $REPと比べて非常に安い価格になっています。コインチェックに上場している#Augur $REPの価格が12,000円台であることを考えると、まだまだ大化けするポテンシャルを秘めています。ロードマップを見ると2018年にベータ版のリリース・マーケティング・STOXの稼働などが控えていて、2018年〜2019年に照準を合わせていることが伺えます。また、すでにイギリスの賭博ライセンスを取得していて公的機関の承認を得ているので法的規制の心配も軽減されます

2017年9月にはStox Alphaというプラットフォームがプレオープンし、デモンストレーションが可能になりました。過去にデモまで到達した競合通貨は他には存在しないので競合に比べてかなり早いペースでプロジェクトが進行していることが伺えます。

更に、有名スポーツ選手であるルイス。スアレスやフェデラー、メイウェザーを登用していて、インフルエンサーマーケティングに力を入れていることが伺えます

プロダクトの性質としても、参加のためには$STXの購入が必要なことを明記しており、サービスのスケールと通貨の価値が連動しています。仮に、ワールドカップやオリンピックで$STXが使用されるようになったとしたら…$STXの値段は想像もつかないくらい高騰する可能性があります

なぜここまで完璧に使いプロジェクトのICOでこの値段に止まっているかというと、ICO時点でliqui,HitBTCとマイナー取引所にしか上場していないので、価格が上がる材料に乏しいのが現状です。逆にいうと、プロダクトを堅調に開発している誠実さを伺うことができます。

2位 Tierion(TNT)


2位はTierion(TNT)。この通貨は、Tierionはブロックチェーンのデータの検証、証明を行う公証プラットフォームです。なんのことだ?と思った方のために簡単に説明すると、インターネット上で管理されている企業や個人のデータの真実性を証明するシステムということができます。医療・金融・保険といった分野でデータの改ざんの問題が生じる可能性を秘めているため、この真実性を証明するシステムが実現するとの相性がいいと言えます

また、マイクロソフトと提携して開発していることや、Philipsのバックアップがあり、公的機関ではありませんが大企業のバックアップがあるので、一定の評価を下すことができます。

↓リリースはこちら

Microsoft and Tierion collaborate on attestations & Blockchain proofs

電子商取引やオンラインでの取引が増える中、個人情報の保護や真実性を証明する需要は更に上がると思われるので、プロダクトとしての将来にも期待したいですね。

3位 Omise Go(OMG)


Omise Go(OMG)とは、ブロックチェーンを活用したオンライン決済のプラットフォームです。主に東南アジアなどの銀行口座を持っていない人口の多い国に対して通貨のネットワーク上での通貨の取引を可能にする目的で作られました。東南アジアは約70%の人々が自分の銀行口座を持っていないので、社会の問題解決にアプローチしている姿勢は素敵ですね。

また、2017年9月Omiseの出発点であるタイでMacDonald’sと提携を結び、今後Omiseのオンライン決済を導入していくことを正式に発表しました。

公的機関の承認を得ている点も評価できますね。特にタイという発展途上国でチャンスのある国での承認はリバース・イノベーションの可能性を秘めています。

また、OmiseGo(OMG)運営のOmiseはICO以前にも2000万ドルの資金調達をVCから行っており、ICOドリブンなプロジェクトではなく世界の未来のために発足されたプロジェクトであることが伺えます。

タイのフィンテクスタートアップOmise、”節度を持った”ICOで2500万ドル調達

日本もまだ現金大国で電子マネーの普及はまだまだなので、日本での普及の可能性が大いにあります。

まとめ

2017年は仮想通貨元年とも言える年で、ビットコインの価格高騰が取り上げられましたが、2018年は草コイン元年の年と言えるでしょう。通貨そのものの価値が見直され、本当に価値のあるコインが高騰することが予想されます。これまでほぼ雰囲気で上下していましたが、コイン自体の価値が見直される年になると思います。この記事を読んでいただき、アルトコインの投資を初めてくださった方が1人でもいたのであれば、この上ない幸せです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*