Zaifトークン(Zaif)のチャート、特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

2017年、多くの通貨で価格の急騰が起こり、仮想通貨への注目が一気に集まりました。

日本の取引所ではコインチェック(coincheck)ビットフライヤー(bitFlyer)が多く使用されておりますが、Zaifはご存知でしょうか?

剛力彩芽のCMで有名な取引所であり、手数料が-0.01%の設定になっており、取引すればするほど資産が増えるという仕組みを取っており徐々に知名度を上げている取引所になっております。

取引所が人気になると、利用者が増えるとともに、その中で使用できる独自の通貨も価格が上昇するといったことがよくあります。

海外の取引所ではよくある取引所特融のコインですが、現在(2018年3月4日時点)はZaifのみがこの独自トークンを発行しております。

今後日本でも各取引所が扱い始めるかもしれない独自コインについて、本記事ではそもそもどのようなものか、なぜ今後が期待できるのか、どのように購入できるのかという部分までご紹介していきたいと思います。

■そもそも「Zaifトークン(Zaif)」とは?

Zaifトークンとは取引所を運営するZaifが独自で発行している通貨になります。主な用途は現段階では特になく、Zaif内での通貨の購入に使用できるという特徴が一番大きなものになります。

Zaif内での取り扱い通貨やユーザーが多くなればなるほどハブとなる役割をするものになってくるので、購入者が増えると価格上昇が期待できます。

CMが始まり利用者も増えてくるとつられてZaifトークンも上がる可能性が高いので、早期購入しておくのもありかもしれませんね。

■「Zaifトークン(Zaif)」の特徴とは?

 

このように注目を集めるZaifトークン(Zaif)ですが、以下のような特徴があります。

・今のところ特別な用途はない

・COMSAのチャートやニーズに価格が連動しやすい

・発行上限数が明確にきまっていない

・中央集権的仕組みになっている

様々な特徴がありますが、それぞれ詳しく見ていきましょう!

■今のところ特別な用途がない

前述もしましたが、Zaifトークンは現段階ではZaifにて取り扱いのある通貨のハブとなる機能を持っているだけで特別な用途はございません。

Zaif自体の期待が高まることで、その中での通貨を買いやすくする目的で多くのユーザーが購入する等あると価格が上昇します。

以前もZaif内で取り扱いのある「COMSA(コムサ)」のプレセールの際はCOMSA(コムサ)への期待が高まったこともあり価格が上昇しましたが、すぐに下落するという形にて着地しました。

■COMSA(コムサ)のチャートに連動する傾向がある

特に用途がない通貨にはなりますが、COMSA(コムサ)を購入する際に使用できる4つの通貨のうち一つがZaifトークンになっております。Zaif内の通貨同士ということもあり送金にも手数料がかからず、まあ時間が早いというとこも特徴としてはございます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■発行上限数が明確には決まっていない

現段階では90億枚が発行上限という発表もございますが、これは正式に決まっているものではなく、これから更に発行枚数が増えることもございます。

この内、4分の1はZaifが2018年12月までロックアップしておりますので、現在市場に流通しているのは90億枚の4分の3という状況にあります。

まだ不確定の要素が多い印象です。

 

■中央集権的管理体制になっている

どの独自トークンでも同じ特徴にはなってしますのですが、ZaifトークンはもちろんZaifが管理している通貨になりますので中央集権的管理体制になっております。

管理者が発行枚数等を調整できるのでZaif側がある程度コントロールできるような状態にあることは言えるでしょう。

ただし、今後は同じような状況ではなくなる可能性があります。なぜかというとZaifが保有している22.5億枚のZaifトークンをNEMプロトコルに移行することが発表されているからです。

もともとCounterparty上で発行されていますがマルチシグというセキュリティを強化するためのツールが存在しておらず、そこの懸念を払しょくするために移行がなされるとしております。

NEMは非中央集権の基管理されている通貨になりますので、現在の中央集権的管理の基不安視されている部分に関しては解消される可能性があるでしょう。

■Zaifトークン(Zaif)の将来性と魅力

ご紹介した通り、Zaifトークン(Zaif)は用途が不明確ではありますが、Zaifの普及とともにこれからが注目の通貨といえるでしょう。

用途が広がっていくのか、COMSAが注目を浴びるのに比例して価格が上昇するのか等いくつか可能性がある通貨になっているので、価格が低くなっている今のうちが購入のチャンスともいえるかもしれません。

■Zaifトークン(Zaif)が購入できる取引所はZaif(ザイフ)!

「Zaif」の画像検索結果

ここまで記事をご覧になってきて実際にZaifトークン(Zaif)を購入してみたい!

と感じている方もいるのではないでしょうか?

2018年3月現在、Zaifトークン(Zaif)が購入できる日本の取引所はZaif(ザイフ)のみとなっています。

Zaif(ザイフ)の登録方法はこちらの記事で紹介しています♪

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

まとめ

まさにこれからが本格的普及となっていくZaifトークン(Zaif)、2018年の動きが大注目ですね!

Zaifトークン(Zaif)を購入するならZaifで!!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*