フィスココイン(FSCC)の特徴、将来性、おすすめ取引所【手数料に注意!】

今回の記事では仮想通貨「フィスココイン(FSCC)」の特徴、将来性、おすすめ取引所をご紹介させて頂きます。1000以上種類があると言われている仮想通貨の1つであるフィスココイン(FSCC)は、他の仮想通貨と異なる中央集権制をとっています。仮想通貨はそれぞれによって特徴も異なるため、その特徴、将来性を理解した上で投資を検討してみて下さい。

フィスココイン(FSCC)とは?

「フィスココイン(FSCC)」は株式会社FISCOの発行するトークンです。フィスココインは仮想通貨のブロックチェーン技術を利用してフィスコが独自に発行し、2016年10月に株式会社FISCOの株主に配布する事によって始まりました。

「フィスココイン(FSCC)」は、ビットコインのブロックチェーン技術を元に作られたカウンターパーティを利用して発行されたトークンです。

おすすめ記事:カウンターパーティ(XCP)の特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

ちなみにトークンとは、すでに公表されている既存のブロックチェーン技術を用いて作った仮想通貨」を意味します。つまり、カウンターパーティの技術を用いて作られた仮想通貨がフィスココイン(FSCC)です。

フィスココインは発行主体である株式会社FISCOの判断の元で発行量が決められました。全発行量は5000万FSCC(FSCC=フィスココインの単位)で2017年7月に発行はこれ以上されない「ロック」がされています。つまり今後5000万FSCC以上の発行はされません。

そして、フィスココインはその名の通り株式会社FISCOの発行するコインで、現在はまだ実験段階にあり今後株式会社FISCOにおいてどのような位置付けになるか、法的にどのような規制の元利用されるのかは未定です。

株式会社FISCOは、フィスコマーケットリサーチ(市場分析)を通して企業・個人向けに投資に関するアドバイスをする、金融サービスの上場企業です。

フィスココイン(FSCC)の特徴とは?

フィスココインで主にできることは、フィスコグループのサービスを利用することです。つまり、企業・個人向けに投資に関するアドバイスをする、金融サービスをフィスココインを用いてつかうことができます。そして、フィスコグループには、カイカグループ、ネクスグループと3つあるのでグループ会社のサービスも使用できます。

フィスココインでしか買えない投資に役立つ情報を購入できます。そして、カイカグループでは各種セミナーやカンファレンスに参加することが出来ます。ネクスグループではIT技術を使って栽培された野菜や野菜ジュースを買うことが出来ます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

発行主体のいない仮想通貨と違い、発行主体がいてトークン価格の上昇は発行主体の利益になる事が分かります。法的には決まっておりませんが、社債のような役割を企業トークン(企業が発行するトークン)は担っています。

そして、Fiscoの取引システムは、Zaifが提供しているで、取引画面はそっくりそのままでZaifの使用経験がある方には使いやすい仕様になっているのも特徴です。

 

フィスココイン(FSCC)の将来性は?

フィスココインは、発行された直後から値下がりし、1FSCC=3円程度で取引されていました。しかし、2017年に仮想通貨全般が注目されるなか、トークンにも資金が流れるようになり、2017年7月には1FSCC=80円まで値上がりを見せました。その成長率は約2600%です。

その後、一旦下落したものの、2017年の12月になると、Zaifで取り扱っているトークン全般が急上昇した流れに乗って、フィスココインの将来性にも期待がかかっています。大手取引所でフィスココインを取り扱っているため、フィスココインの将来性はZaifの成長によるというのが2018年の見解です。

そして、発行枚数をロックすることにより、フィスココインの価値の希薄化の恐れは無くなり、結果として価値が上昇しました。一方、これ以上市場にフィスココインが流通する可能性はないため、他の通貨のように単純な市場心理だけで大きく価格が上下することは少ないと言えます。

そして、フィスココインの将来性は株式会社FISCOの業績にも大きく左右されます。フィスココインはビットコインのような非中央集権ではないからです。発行元の業績が悪ければその価値は下がりますし、業績が良ければ価値は高騰します。

市場の動きを見ながらの取引をでき、ローリスクなので価格変動の大きい仮想通貨の取引の中ではリスクは少ないといえませんが、業績次第では大きな将来性があるといえます。

フィスココイン(FSCC)が購入できる取引所はZaif(ザイフ)!

ここまで記事をご覧になってきて実際にフィスココイン(FSCC)を購入してみたい!と感じている方もいるのではないでしょうか?

2018年2月現在、フィスココイン(FSCC)が購入できる日本の取引所はZaif(ザイフ)とFisco(フィスコ)のみとなっています。

Fisco(フィスコ)ではフィスココインの取引しかできないため、今回は様々な通貨が購入できるZaif(ザイフ)からの購入をオススメいたします。

Zaif(ザイフ)の登録方法はこちらの記事で解説しています!

 

まとめ

フィスココイン(FSCC)に関する記事いかがでしたでしょうか?株式会社Fiscoの業績次第では今後の大幅な成長も見込めるフィスココインには期待がかかります!

そんなフィスココイン(FSCC)を以下、簡単にまとめました♪

  • フィスココイン(FSCC)は株式会社Fiscoとそのグループ会社のサービスに活用できる
  • 株式会社Fiscoの業績次第では今後の成長に期待あり!
  • フィスココイン(FSCC)の購入は安定した通貨を幅広く取り扱うZaif(ザイフ)で!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*