モナコイン(MONA)のチャート、特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

モナコイン(MonaCoin)とは

モナコイン(MonaCoin)のチャート

モナコイン(MonaCoin)の基本情報

名前 MONACOIN
通貨コード MONA
発行上限枚数 1億512万枚
 ブロック生成間隔 90秒
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(Equihash)
発行日 2013年12月23日

モナコイン(MonaCoin)の特徴

引用: naverまとめ

モナコイン(MonaCoin)は、インターネット掲示板の2ちゃんねるのキャラクターである「モナー」をモチーフにして作られました。仮想通貨がまだ賑わっていない頃ですが、ホリエモンこと堀江貴文さんが取り上げたことで有名になったので、一度は耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。でも実際にはモナコイン(MonaCoin)について詳しく知らない方が多いかと思います。今回はそんな方のために、モナコイン(MonaCoin)について紹介してたいと思います。

モナコイン(MonaCoin)はライトコインベースで決済スピードが異常に早い

モナコイン(MonaCoin)は、取引スピードが早いことで有名なライトコインをベースとして作成されています。

↓ライトコインについての記事はこちら

今更聞けない、ライトコイン(LTC)の特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

しかし、モナコイン(MonaCoin)はライトコインよりも更に早いスピードで処理されます。

処理速度の参考として、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)と比較してみたいと思います。

ビットコイン(BTC) 600秒
ライトコイン(LTC) 150秒
モナーコイン(MONA) 90秒

ご覧の通り、比較するまでもないほど早い処理速度で、決済手段としても十分に期待できる通貨です。

投げ銭機能「timpmona」

「timpmona」とは簡単にいうと、Twitterと連動した投げ銭機能のことです。

上記のツイートの例のように、何かしらの感謝の気持ちやお礼でモナコイン(MonaCoin)を相手に送ることができます。ウォレットに遅れば他のコインでも似たような機能を果たすことができますが、モナコイン(MonaCoin)の違うところはTwitterと連携している点です。Twitterと連携することがなぜ重要かというと、リツイートを用いた拡散能力が他のソーシャルメディアと比にならないくらい高く、決済スピードの速さとも相乗効果を発揮して、手早くコインの送金・受け取りをすることができます

モナコインちゃんbotが可愛すぎる

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

このアカウントを見てモナコインちゃんに恋をしてしまったのは筆者だけではないかと思います。

とにかく可愛い。そして可愛い。

可愛さがどのように重要なのかと疑問に思った方も多いかと思いますが、Twitterとの連動投げ銭を根幹機能として添えている場合、このようなキャラクターを用いたマーケティングは爆発力の面で非常に重要な役割を果たします。開発のみならずマーケティングにもかなり力を入れていると言えるでしょう。

モナコイン(MonaCoin)で決済できる店舗が増えている


天空のメイドカフェ「プリマプリマ」のように、秋葉原のメイド喫茶などでモナコイン(MonaCoin)を決済手段として導入した店舗が増えています。コインの特性的にもメイド喫茶など非常に相性の良いコインなので、今後決済店舗が増加すれば面白いですね。そのほかにも

・秋葉原パソコンショップ「Ark」

・仮想通貨戦勝ECサイト「Bitcoinmall」

・ポイントサイト「Monappy」

などでモナコイン(MonaCoin)を使用することができます。

モナコイン(MonaCoin)の将来性

モナコイン(MonaCoin)の時価総額は徐々に高くなっています。他のアルトコインと比べた割安感や、SNSでの爆発力、オタクパワー(良い意味で)での価格高騰は十分に期待できるかと思います。投げ銭アプリである「17」や「showroom」が流行っていることを考えると、投げ銭業界の未来は明るいと言えるでしょう。また、モチーフキャラクターが既に認知のあるモナーであることを考えると、マーケティングにも十分に力を入れていることが伺えます。割安且つ仮想通貨市場が冷え込んで価格が落ちている今、購入すれば大きなリターンを得られる可能性が十分にありえます。

モナコイン(MonaCoin)をお得に購入できる取引所はどこ?

モナコイン(MonaCoin)の購入はZaif(ザイフ)

モナコイン(MonaCoin)の購入はZaif(ザイフ)がおすすめです。

↓Zaif(ザイフ)の登録方法はこちら

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

 

取引手数料の安さは日本一のマイナス0.05%で、手数料を抑えたい方にもおすすめです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*