ストレージコインエックス(SJCX)のチャート、特徴、将来性、おすすめ取引所ランキング【手数料に注意!】

ストレージコインエックス(SJCX)とは?

<SJCX/BTCリアルタイムチャート>

Storjという分散型クラウドストレージサービスの中で使うコインです。

利用方法としては、ウェブブラウザでストレージサービスのウェブサイトにアクセスし、アップロードやダウンロードなどの作業を行う。またブラウザよりも利便性を高めたクライアントアプリケーションを用意している場合もある。

クライアントによってはローカルの特定フォルダと同期を行うことが出来るものも存在し、俗に「クラウドサービス」などと呼ばれるものの多くがこれである。

引用元:オンラインストレージ – Wikipedia

クラウドストレージとはDropBoxやiCloudでお馴染みの、オンラインで写真やファイルを管理することができるものです。

Srorjはこのクラウドストレージをブロックチェーン上で管理しているクラウドサービスです。

STORJとは?

Storjはブロックチェーン技術とピアツーピアプロトコルに基づいた、安全・プライベートで暗号化されたクラウドストレージです。

引用元:Storj非公式日本語ページ – クラウドストレージの未来

既存のクラウドサービスと何が違うの?

■中央集権 VS 非中央集権

中央集権 一企業が管理するクラウド

普段私たちが使っているクラウドサービス、例えばiCloudはappleが管理するクラウドサービスです。明日appleに何か問題が起こり、appleが倒産する事になったとしましょう。その瞬間私たちがiCloudに保存している写真やファイルは全て消え失せてしまいます。もしくは、appleが外部のハッカーにハッキングされて、クラウドの中身に侵入されてしまったら、私たちのデータは全て盗まれてしまいます。

もちろん、それを防ぐのがappleの責務であり、その信頼感からたくさんの人が利用しています。しかし、理論上、appleが攻撃された時、そこにある全てのデータが攻撃対象となるのです。

USBメモリやフロッピーは使っていた時代は、そのような心配はありませんでした。自分のデータを自分の手元で管理しているからです。しかし、iCloudのように、いつでもどこでもアクセスできるような利便性はなかったです。

このようにテクノロジーの進化によって入るの保存やダウンロード、共有は豊かに便利になっていきますが、その分、セキュリティリスクも懸念されているのが現状です。

非中央集権 分散型(みんなで管理する)クラウド

一方、このStorjは分散型のクラウドサービスです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

これはブロックチェーン上にそれぞれのデータがあって、出し入れができるクラウドサービスです。iCloudのよう既存のクラウドサービスとの違いは、この分散型というところにあります。

分散型で管理することによって、どこか一つが管理しているわけではないので、この世が滅びない限り、それは永遠に消失しません。利用するみんなで支えるクラウドサービスなのです。

Storjの仕組みとは

■ファイルアップロード

このStorjにファイルをアップロードしてiCloudのように使うためには、今回紹介しているストレージコインエックス(SJCX)を使用します。これが手数料になるのですが、iCloudやDropboxの有料版よりもはるかに安く使うことができます。

一企業として、クラウドサービスを提供しているので、当然利益は出さなければいけません。しかし、このStorjはこのクラウドサービスを続けるための手数料として使われます。ではこの手数料は誰が受け取るのでしょうか?それは次で説明します。

■どこにファイルを保存しているの?

自分のHDDやSSDに空きがある人が、その空きスペースを貸すことによって、他のユーザーがそれを利用して、ファイルを保存したりすることができます。そして、その空きスペースを貸した人に、先ほどファイルをアップロードする人が支払った手数料が支払われる仕組みです。

つまり、

クラウドサービスとして使いたい人は安く、iCloudのような懸念点を心配せず使うことができる

HDDの空きスペースを持っている人は、その空きスペースを有効活用しつつ、コインをGETすることができるという仕組みで成り立っています。

この仕組みで、クラウドの運営がブロックチェーン上で行われています。

ストレージコインエックス(SJCX)の価格は?

現在(2018/02/26時点 )のストレージコインエックスの価格は、138円です。

ストレージコインエックス(SJCX)の将来性は?

ブロックチェーンの特徴である分散化をうまく活かしながら、クラウドという分野で既存のものに取って代わることができるのか。それはわかりません。Storjが普及する時、同時にストレージコインエックスの流動性も高まるので、価格の上昇が期待できるでしょう。

ストレージコインエックス(SJCX)が買える取引所はどこ?

ストレージコインエックス(SJCX)が購入できる取引所は現在以下の2つです。

■Zaifについての記事はこちら

【日本1分かりやすいZaifの登録方法!】仮想通貨初心者の女子大生が「Zaif」に登録してみた

■Binanceの記事はこちら

【2018年最新版】5分でわかる、BINANCE(バイナンス)の開設方法!登録・本人確認方法・二段階認証・出金制限の解除方法まで解説!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*